Project11 実施報告

2019年3月18日、大宮キャンパスにて「知と地の創造拠点フォーラム」を開催いたしました。
258名(学外92名、学内166名)の皆様にご参加頂き、多くの会場で、学生の発表に対して活発な
質疑応答を展開していただきました。
また、当日5件の技術相談と、展示パネルに対して延べ数で320枚の資料請求を頂きました。
本イベントの目的である「本学の重点領域において、学外関係者と連携した教育・研究・社会貢献を行っている活動に焦点を当て、産学・地域連携の発展に向けた情報発信、コミュニケーションの場をつくる」ことが十分に達成できたと考えます。ありがとうございました。

第1部:講演(13:00~15:20)
13:00~13:05 芝浦工業大学代表者挨拶(学長 村上雅人)
13:05~13:10 共催挨拶(さいしんコラボ産学官 専務理事 清水勝様)
13:10~13:20 会場・スケジュールのご案内(産学官連携コーディネーター)
13:20~13:40 大学の特徴紹介(複合領域産学官民連携推進本部 副本部長 武田貞生)
13:40~14:20 基調講演:自動車の電動化と車載電池の現状および今後の展望
(名古屋大学 未来社会創造機構 教授 佐藤登様)

14:20~15:20 活動紹介:
■大学COC事業(地域共創センター部門長(大宮)、環境システム学科 教授 中村仁)
■自動走行領域+ロボット・ネットワーク領域(機械制御システム学科 教授 伊東敏夫、
カルソニックカンセイ株式会社 シニアエキスパートエンジニア 佐藤晴彦様)
■QOL向上とライフサイエンス・コンソーシアム(生命科学科 教授 越阪部奈緒美)

第2部:ポスターセッション(15:30~17:00)
1.芝浦工業大学重点研究領域 ポスター・実機展示
・パワーエレクトロニクス領域、高機能性材料領域、ロボットネットワーク領域、
自動走行領域(2019春のADAM発表会を含む)、QOL向上とライフサイエンス
2.COC学生成果報告会 プレゼン・ポスター・実機展示
3.学生団体の活動紹介 SRDC(ロボット)、フォーミュラレーシング




第3部:懇親会&COC学生成果発表会の表彰式(17:10~18:30)

2019年3月18日、大宮キャンパスにて「第5回COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections2018~」を開催いたしました。

2018年度のCOC全17プロジェクトの代表学生により、「ショットガンプレゼン」と「ポスターセッション」で、各々の活動を報告しました。

本報告会の定番となった「ショットガンプレゼン」は、短時間でプロジェクトの特徴をアピールすることで、来場者の方がポスターセッションに行きたくなるようなプレゼンテーション力が求められます。「ポスターセッション」では、来場者の多様な興味や質問に応じて臨機応変に対応を行えるコミュニケーション能力が求められます。報告会の場自体が学生の学ぶ場ともなっています。また、参加者による「いいね!シール」投票により、モチベーションを高めています。





今年度は、説明学生34名、ショットガンプレゼン・ポスターセッション来場者多数(来場者・学生・教員合わせて86名の方に投票頂きました)と、賑やかな報告会になりました。

2018年度COC学生成果報告会「いいね!シール」投票結果


金賞 地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術
-人に優しいヒューマン・マシン対話の実現-
銀賞 まちづくりコラボレーション ~さいたまプロジェクト/システム思考を用いた地域 間連携型農業支援/ものづくり演習を活用した芝浦工大ブランドの向上と地域産業の活性化
銅賞 都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催/機械系ものづくり産業地域との連携による技術イノベー ション創出のための実践教育/東京臨海地域における安心安全のまちづくりを推進するロードマップの作成/インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト/豊洲、大宮地区の車載センサを応用した交通安全対策活動/グローバルな女性エンジニアを育てるPBL教育の検討と実践/教職科目のアクティブラーニング化に向けた授業改善活動
敢闘賞 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築/内部河川・運河の活用とコミュニティ強化/芝浦アーバンデザイン・スクール/地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング/気候変動と地震災害に適応 したレジリエントな地域環境システム/社会人基礎力向上を目指す地域貢献型アクティブ・ラーニングの実践と効果測定
 



来場者の皆様から報告会に対する高い評価をいただくと共に、来年度以降も是非継続して欲しいという声を多数いただきました。
また、参加学生からも 『他の研究室の取り組みを知ることで、自分達の研究に対していい刺激になった』、『自分が担当するプロジェクトに関するアドバイスを頂き、課題を知ることができた』、『学内の発表会では味わえない雰囲気や、違った視点からのコメントなど、大変貴重な経験でした。大学院進学後の取組みにも生かしていきたい』等のコメントがあり、有意義な報告会になりました。

 

2018年3月19日、大宮キャンパスにて「第4回COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections2017~」を開催いたしました。

2017年度のCOC全18プロジェクトの代表学生により、「ショットガンプレゼン」と「ポスターセッション」で、各々の活動を報告しました。

本報告会の定番となった「ショットガンプレゼン」は、短時間でプロジェクトの特徴をアピールすることで、来場者の方がポスターセッションに行きたくなるようなプレゼンテーション力が求められます。「ポスターセッション」では、来場者の多様な興味や質問に応じて臨機応変に対応を行えるコミュニケーション能力が求められます。報告会の場自体が学生の学ぶ場ともなっています。また、参加者による「いいね!シール」投票により、モチベーションを高めています。



ショットガンプレゼンの時間(本年度は3分間)、ポスターセッションの配置など、継続的に行いながら改良を行ってきました。従来から行っている「産学官連携研究交流会」との同時開催により、今までCOCと関わりのなかった方にも多数ご来場をいただきました。

今年度は、説明学生36名、ショットガンプレゼン・ポスターセッション来場者多数(来場者・学生・教員合わせて114名の方に投票頂きました)と、賑やかな報告会になりました。

 

2017年度COC学生成果報告会「いいね!シール」投票結果


金賞  まちづくりコラボレーション ~さいたまプロジェクト
銀賞  都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催/低炭素パーソナルモビリティ と移動情報ネットワークサー ビスの開発/システム思考を用いた地域 間連携型農業支援
銅賞  内部河川・運河の活用とコミュニティ強化/機械系ものづくり産業地域との連携による技術イノベー ション創出のための実践教育/地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング/インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーション/学生のサポートを生かしたロコモ予防のためのシニア向け運動教室
敢闘賞 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築/木材業者との連携による居住環境の改善/芝浦アーバンデザイン・スクール/気候変動と地震災害に適応 したレジリエントな地域環境システム/ものづくり中小・大手メーカーとのマイクロテクスチュア技術教育/東京臨海地域における安心安全のまちづくりを推進するロードマップの作成/地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術/豊洲、大宮地区の車載センサを応用した交通安全対策活動/豊洲ユニバーサルデザイン探検隊
 


 

来場者の方からは、大学と社会の連携に関する期待やアドバイスのコメントをいただくと共に、参加学生にとっても他のプロジェクト活動を知ることができ、学内外の交流が広がる場となりました。

 

2018年1月11日、豊洲キャンパスにて工学部土木工学科の「土木工学総合講義」(3年生)のプレゼンテーション審査を行いました。

土木工学科の卒業生には、行政職員やコンサルタント、事業主体などとして、地域住民の方々とコミュニケーションを行う機会が多々あります。本授業は、技術者の卵である学生のコミュニケーション能力向上のためのプログラムとして、「交通計画技術を市民にわかりやすく説明する方法」について、学生たちが自立的に対話を通して学ぶアクティブラーニングです。

本日のプレゼンテーション審査は、その成果を実際に近隣の方々に説明し、審査をいただくものです。中央区の地下鉄整備計画を題材として、「交通計画・交通需要予測」、「費用便益分析」について、学生10名(2グループ)が発表を行いました。また、教職員・TA5名に加え、「有明をよくする会」関係者の皆さまなど地域住民9名に審査員としてご参加をいただき、地域住民の観点や社会の各分野で活躍されている方の観点からコメントをいただきました。

 

(質疑応答での主なご指摘)
・プレゼンテーションのターゲットを明確化することが必要
・当初の主題に対する結論をしっかりと示すことが必要
・資料のわかりやすさも重要、見てもらえないと意味がない
・専門的な手法について、まず考え方をしっかり伝えることが必要
・具体的な数値の結果や事例などがあるとわかりやすい
・成果をどう見ればよいのか、どこまで信頼できるのか適切に伝えるべき
など
本演習は、「地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング」プロジェクトの一環として行われています。

2017年12月21日、豊洲キャンパスにて、土木工学科のPBL「地域計画演習」(学部3年生)の最終発表会を行いました。

この授業は、今まで座学で習ってきた知識をベースとして、実際の地域における課題を題材に、現況・課題の分析から、コンセプト立案、代替案の提案と評価まで、交通・まちづくりに関する実務に即したプロセスを一通り行う演習です。

25名の学生と担当教員2名およびTA5名に加え、官公庁や交通・開発など様々な分野の専門家である外部コメンテーター20名が参加しました。

学生は5チームに分かれて提案を行い、コメンテーターからの質問や評価を受け、質疑を行います。本年度からは新たに新宿エリアが対象に加わりました。

◆2017年度のテーマ
●人の未来を結ぶLRT
・亀戸駅と新木場駅を結ぶことで、地域全体の魅力を向上させるとともに交流が活発化することをねらう提案
●江東区・墨田区水辺再生計画
・船を通して伝統を知ると共に、スカイツリーと浅草を結ぶ舟運ルート、水辺の拠点形成を提案
●日本橋班〜活気にあふれる日本橋
・八重洲や丸の内との一体性を高めて全体的な金融エリアを形成するために、昭和通りの地下横断を提案
●新宿大改造〜廻れる新宿 繋がる新宿
・新宿駅の混雑緩和やインバウンド対応を見据え、環状モノレールや改札・バスターミナル等の整備を提案
●第二東京湾岸道路計画〜物流と一般車の分離
・東京湾岸道路の混雑を緩和するために、中央突堤の物流基地化、コンベアによる物流システムを提案

 


質疑では、代替案の設定内容、評価の分析方法などについて、厳しくも暖かいコメントが寄せられました。また、講評では、単なる「専門家(施設)」の提案ではなく、人がどう動くか、ビジネスやライフスタイルなども見据えた計画が重要とのコメントがありました。学生たちも「地域」を計画していく楽しさと難しさを学びました。

本演習の成果は、コメンテーターだけでなく、学生による自己評価も計測しており、PBLにおける学修効果について、継続的にデータを蓄積する場ともなっています。

本演習は、「地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング」プロジェクトの一環として行われています。

2017年3月16日、大宮キャンパスにて「第3回COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections2016~」を開催いたしました。COC全20プロジェクトで各々選出された学生により、「ショットガンプレゼン」と「ポスターセッション」を行うものです。
ショットガンプレゼンとは、90秒という短時間で、プロジェクトの主旨や特徴を紹介するもので、来場者の方がポスターセッションに行きたくなるようなプレゼンテーション力が求められます。
ポスターセッションでは、来場者からの質問や興味に応じて臨機応変に説明や意見交換を行えるコミュニケーション能力が求められます。


1年間の活動成果を地域の企業、自治体、住民などの皆さまに発表すると共に、地域からのフィードバックをいただき、新たな気づきを得る、貴重な機会となりました。従来から大宮キャンパスで行っている「産官学研究発表交流会」との同時開催により、今までCOC事業と関わりのなかった来場者の方にも多数ご来場をいただき、取り組みを知っていただく機会となっています。
説明学生38名、ショットガンプレゼン来場者約50名、ポスターセッション来場者多数といった多く方に参加をいただきました(同時開催と合計で311名参加)。


また、本報告会では、参加者による「いいねシール」投票を行っています。投票結果は下記の通りとなりました(投票参加者104名)。

金賞 「システム思考を用いた地域間連携型農業支援」
銀賞 「まちづくりコラボレーション ~さいたまプロジェクト」/「低炭素パーソナルモビリティ と移動情報ネットワークサービスの開発&インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト」/「地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術 -人に優しいヒューマン・マシン対話の実現-」
銅賞 「内部河川・運河の活用とコミュニティ強化」/「都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」/「地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング」/「ものづくり中小・大手メーカーとのマイクロテクスチュア技術教育」/「豊洲ユニバーサルデザイン探検隊-みんなにやさしい豊洲の街を目指して-」
敢闘賞 「ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築」/「木材業者との連携による居住環境の改善」 /「芝浦アーバンデザイン・スクール」/「機械系ものづくり産業地域との連携による技術イノベー ション創出のための実践教育」/「マイクロ・ナノものづくり教育イノベーション」/「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」/「東京臨海地域における安心安全のまちづくりを推進するロードマップの作成」/「中央卸売市場移転事業豊洲サイバーエンポリウムプロジェクト」/「地域密着型の技術系中小企業による新製品開発の支援プロジェクト」/「豊洲新市場での物流に関する連携」

来場者の方からは、「本学のCOC全体の取り組みを知るよい機会」という声をいただくと共に、参加学生からも「同じような課題に違う手法でアプローチしている学生を知り刺激を受ける」、「企業の方から有益な意見をいただいた」などの感想が挙げられました。

2016年11月2日に行われた「地域共創シンポジウム~大学とまちづくり・ものづくり2016」の実施報告書をアップしました。下記のリンクからダウンロードしてください。

シンポジウムでは、244名(イベント全体)のご参加をいただきました。また、地域連携の意義や必要性を再認識すると共に、今後の地域連携の必要性について、熱いディスカッションができました。紙面の都合上、要旨のみとなっていますが、是非ご覧下さい。



-->地域共創シンポジウム~大学とまちづくり・ものづくり2016 実施報告書(PDF、約2.4Mb)

2017年1月12日、豊洲キャンパスにて工学部土木工学科の「土木工学総合講義」(3年生)の公開プレゼンテーション審査を行いました。

土木技術者は、事業に係わる中で市民と接する機会が大きく増加しており、土木工学科の卒業生も、行政職員やコンサルタント、事業主体の技術者などとして、地域住民の方々とコミュニケーションを行う機会が多々あります。

本授業は、技術者の卵である学生のコミュニケーション能力向上のための授業プログラムとして、「交通計画技術を市民にわかりやすく説明する方法」について、学生たちが学び、近隣の方々にプレゼンテーションを行い、審査していただくものです。


本年度は、中央区の地下鉄新線計画を題材として、「交通・交通計画」、「交通需要予測」、「費用対効果分析」という3つのテーマについて、学生15名(3グループ)が発表を行いました。また、教職員・TA4名と「晴海をよくする会」関係者の皆さま25名にご参加をいただき、審査と貴重なコメントをいただきました。

 

【いただいたコメントの例(抜粋)】
(交通計画や需要予測、費用対効果の内容について)
・「便益」にはどこまで含まれるのか(周辺商店の売上向上などはどう考えるか)
・既存の路線がない新線建設で、どのように交通を配分するのか
・計算の正確性、予測とのズレは技術的にどこまで改善できるのか
・OD表の発生・集中交通量には、観光客はどう換算されているか
(専門用語や概念について)
・「交通計画」と、具体の事業計画の違いをわかりやすく示すことが大事
・「鉄道不便地域」などといった専門用語について解説が必要
・「満足度」はどのように決まっているのかなど、背景の解説が必要
(中央区の地下鉄計画や現状について)
・現状はどういった段階か
・発表された地下鉄新線の費用対効果についてどう考えるか …等々

当日にご記入いただいた審査シートの内容も含め、今後の授業改善に活用していきます。

本授業は「地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング」プロジェクトの一環として行っています。

2016年12月22日、豊洲キャンパスにて、土木工学科のPBL「地域計画演習」(学部3年生)の最終発表会を行いました。

この授業は、今まで座学で習ってきた知識をベースとして、実際の地域における課題を題材に、現況・課題の分析から、コンセプト立案、代替案の提案と評価まで、交通・まちづくりに関する実務に即したプロセスを一通り行う演習です。

35名の学生と担当教員2名およびTAに加え、官公庁や交通・開発など様々な分野の専門家である外部コメンテーター18名が参加しました。

学生は5チームに分かれて提案を行い、コメンテーターからの質問や評価を受け、質疑を行います。

◆2016年度のテーマとコンセプト
●江東区南北連絡BRT導入計画
・高速BRTによる南北交通システムの整備
●墨田・江東水辺整備
・TOKYOで味わう粋な船遊び
●日本橋1丁目地区の都市再生計画
・日本橋特性を活かした日本経済のための金融街
●品川駅・田町駅間の開発計画
・世界に届け!日本の観光文化の魅力を発信する新天地
●首都高第二湾岸線の計画
・経済性とストレスフリーの両立した都市へ

161222_image1

161222_image2

質疑では、代替案の設定内容、評価の分析方法などについて、厳しくも暖かいコメントが寄せられました。
コメンテーターとのやりとりの中で、学生たちも表現しきれなかったことを補足したり、新たな気づきがあったりしたのではないかと思います。

また、本演習の成果は、コメンテーターだけでなく、学生による自己評価も計測しており、PBLにおける学修効果について、継続的にデータを蓄積する場ともなっています。

本演習は、「地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング」プロジェクトの一環として行われています。

2016年11月2日(水)、芝浦工業大学「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」全体のイベントである「地域共創シンポジウム〜大学とまちづくり・ものづくり2016」を開催いたしました。

本イベントは、一昨年度の「大学とまちづくり」(COC4プロジェクト合同開催)を前身とし、昨年度よりCOC全プロジェクトが参加する「大学とまちづくり・ものづくり」として発展してきたものです。

本年度は、大宮キャンパスにて開催し、総計258名(速報値)が参加するものとなりました。第一部のシンポジウムでは、COC事業全体の概要と進捗状況、埼玉エリアにおける地域連携活動を紹介した上で、さいたま市清水市長より特別講演「イノベーションする都市 さいたまへ向けて」と題して、芝浦工業大学に期待することを語っていただきました。

 

161102_img_0856齋藤記念館がほぼ満員になりました

161102_img_0884さいたま市長より特別講演をいただきました

 

また、パネルディスカッションでは、「大学が地域に根ざすためには何が必要か?!」をテーマに、「まちづくりコラボレーション〜さいたまプロジェクト」「システム思考を用いた地域間連携型農業支援」両プロジェクトの教員・学生・関係者の方から、COC事業に関わっての成果、課題、今後必要な取り組みなどについて意見交換を行いました。

161102_img_0913持続的な地域連携のあり方について真剣な議論が行われました

 

第二部のパネルディスカッション交流会では、COC全20プロジェクトのポスター展示を行い、プロジェクトに関わる教員・学生と参加者の皆さまで、具体的な意見交換を行いました。

161102_img_0916全20プロジェクトについて貴重なご意見を伺いました

 

芝浦工業大学の大学COC事業は次年度に最終年を迎えますが、地域連携の取り組みは継続的に必要となります。「大学が地域に根ざす」ためには、大学・行政・企業が自主的に考える「場」を構築していくことが必要であり、正に大学COC事業の意義はそこにあるかと思われます。

本シンポジウムの成果は別途報告書として整理するとともに、いただいた貴重なキーワードは、今後の持続的な活動に向けて提言を行っていく予定です。

Top