実施報告

2019年11月23日、東京都港区の「みなとパーク芝浦」にて開催された「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」の第5回講座で、システム理工学部の増田幸宏教授が講師を務めました。

「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、芝浦港南地区の在住者、在勤者、在学者を対象として、地区内にキャンパスを有する東京海洋大学及び芝浦工業大学等と連携しながら、地域の多種多様な情報を学ぶ場を提供する事業です。(主催:芝浦港南地区総合支所協働推進課)

第5回講座は「逃げずに、とどまる防災~地域の防災設備等を発見し、建物内待機の重要性を学ぶ~」をテーマに開催されました。

講座の参加者は「安全・安心のまちづくり」のレクチャーを受けた後、東日本大震災を踏まえ、大幅な防災機能の強化がされた「みなとパーク芝浦」の施設および設備等を見学し、多様な種類の非常食(お湯、常温の水を使うもの、缶詰など)を試食しました。このような様々なアクティビティを通じて、臨海部のまちならではの魅力・特徴や防災施設、設備を発見するとともに、建物にとどまる防災対策の重要性を学びました。



「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、1年間を通じて、全8回の講座を受講し、講座修了者は「知生き人(ちいきじん))」として認定されます。

受講生である地域の方々が、地域に関する知識を習得することで、自らが新たなまちの魅力を発見し、まちの将来を考えるきっかけとなり、新たなコミュニティ形成を推進できるような人材として育っていくことが期待されます。本学もその様な人材育成、コミュニティ形成に貢献していきます。

-->「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」WEBサイト(外部リンク)

 

本学チーム(前列は市長と審査員)



フォーラム全体風景



発表風景



発表風景



2019年11月24日、武蔵浦和コミュニティセンター・多目的ホール(サウスピア9階)にて「第9回 学生政策提案フォーラムinさいたま」が行われました。
これは、さいたま市と「大学コンソーシアムさいたま※」加盟大学の学生が、さいたま市の政策・事業について企画検討・提案することにより、地域社会への愛着と関心を深め、ひいてはさいたま市の発展に寄与することを目的に、毎年開催しているものです。

今回は、全体で5大学(埼玉大学、埼玉県立大学、人間総合科学大学、日本大学、本学)、8チームが発表を行い、本学チームが最優秀賞を、埼玉大学と日本大学2チームの合計3チームが優秀賞を受賞しました。

■本学チーム名:さいたまオアシスプロジェクト
■発表テーマ:東京オリンピック・パラリンピック開催時の雪の利活用促進について
■代表者:システム理工学部環境システム学科4年 水野眞子
■指導教員:システム理工学部環境システム学科 教授 増田幸宏

さいたま市は東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、東日本連携都市である南魚沼市と共に雪を用いた熱中症対策を検討しています。本学チームも、その実証実験に参加して効果の確認と問題点の洗い出しをおこないました。そしてその問題点を改善させる対策案を政策提案として発表し、見事に最優秀賞を受賞しました。
表彰式では、さいたま市清水市長から賞状・トロフィが授与されました。

本学チームの提案概要等は下記資料をご参照ください。

提案概要

別途、さいたま市のweb siteにフォーラム開催結果が掲載される予定です。

※大学コンソーシアムさいたま:さいたま市内及び近隣11大学の間で、各大学が持つ多彩な魅力や豊富なシーズを相互に活用して共に高めるとともに、連携して活力ある地域社会の形成と発展に寄与することを目的としてH23年10月に設立されました。

以上

福島県南会津町では、人口減少、少子化、高齢化などが進行しており、深刻な問題となっています。芝浦工業大学地域デザイン研究室(建築学部 志村秀明教授)では、特産品の開発(6次産業化)や景観整備などの集落支援を行うとともに、都心部との交流も含めた集落活性化に取り組んでいます。

11月1日(金)~3日(日)、本学豊洲キャンパスで開催された第47回芝浦祭にて、地域デザイン研究室では「南会津 たのせ物産店」を出店し、南会津の皆さんと学生が一丸となり「たのせ集落の物産販売」を通して、里山の魅力を発信しました。

3日間とも天候にも恵まれて豊洲キャンパスは大変賑わい、南会津から届いた新鮮な大根、白菜、トマト等の野菜類は完売、名物「ばんでい餅」も大人気でした。

地域デザイン研究室は、先月10月19日-20日に南会津町を訪れ、現地で開催された「たのせふるさと祭り」にも携わっています。



本活動は「内部河川・運河の活用とコミュニティ強化」プロジェクトの一環として行われています。

—>たのせ集落のブログはこちら(外部リンク)

 

 

10月29日に、システム理工学部 機械制御システム学科の伊東敏夫教授が、GR Japan社主催の『自動運転技術の最新事例を衆議院議員勉強会』で講演をおこないました。
自動運転関連で、交通事故減少につながるホットなテーマであるため、議員本人が11名、秘書の代理出席が24名、資料のみ受け取りが22事務所と、国会開会中にも関わらず、多くの方に関心を持っていただきました。また、講演後の質問も多数出ており、再帰反射材の有効性に対する理解も広まったと期待できます。

【写真】伊東教授の講演 及び 議員との質疑応答風景



【目的】2018年度のGR Japan社との共同研究で、再帰反射材が目視だけでなく、カメラやLiDARに対しても有効性(再帰反射材を装着することで見え方が改善する)が確認できました。
カメラやLiDARは、今後の自動運転に欠かせない技術であるため、自動運転普及に向けた再帰反射材活用の重要性を衆議院議員にレクチャーしました。

【場所】衆議院第2議員会館・地下1階・第7会議室

【講演題目】
「自動駐車・自動運転への取り組み」:クラリオン株式会社 秦哲男様
「自動運転と再帰反射材」:芝浦工業大学 伊東敏夫教授

以上

2019年9月21日(土)、本学の学生プロジェクト「すみだの’巣’づくりプロジェクト」は、墨田区 東向島・鐘ヶ淵で、一時集合場所から避難場所まで観光スポットを巡りながら歩く「防災遠足」を実施しました。災害弱者となりやすい小学生、お年寄りを中心に地域から117名が参加しました。一時集合場所のふじのき公園、東向島ふじ公園、鐘ヶ淵駅西口から3グループに分かれ、防災について学び、地域の魅力を再確認しながら広域避難場所である「東白鬚公園」へまち歩きを実施し、大盛況でした。

「すみだの’巣’づくりプロジェクト」は、防災遠足の実行委員会代表として運営に携わりました。今後は、10月8日(火)「乳幼児親子を対象とした防災講座」、11月17日(日)「イザ!カエルキャラバン!(ストローを使った構造実験 「ストローハウス」)」等、引き続き地域の防災イベントを実施する予定です。


【News Release】学生プロジェクトが墨田区北部で「防災遠足」実施

本イベントは、「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」プロジェクトの一環として行われました。

2019年9月28日(土)、東雲運河(通称:東電堀)にて、豊洲水彩まつり2019が開催されました。本イベントは豊洲地区運河ルネサンス協議会が主催するもので、本学が事務局を務めています。

当日は、芝浦工業大学地域デザイン研究室(建築学部 志村秀明教授)の学生による「運河クルーズ」、「町内対抗ゴムボートレース」、江戸時代から続く江東区独自の民族芸能「木場の角乗」、「ディンギー体験」、水陸旅用バス「スカイダック」、キャナルカフェ、模擬店など地域の参加により、楽しみながら水辺の利活用の取り組みが行われ、大変賑わいました。

本学の学生達がガイドをする「運河クルーズ」では、豊洲をはじめ湾岸エリアの歴史や地域・建物案内の他、来年開催されるオリンピック・パラリンピックで利用する現在建設中の会場を紹介するなど旬なトピックも含んだ建築学部ならではのガイドで、子どもからシニア世代までの乗船客にお楽しみいただきました。



本イベントは「内部河川・運河の活用とコミュニティ形成」プロジェクトの一環として開催されました。

本学の建築学部前田英寿教授と都市デザイン研究室の大学院生が企画・基本設計をした公共空間の社会実験「カシワテラス」が千葉県柏市の柏駅東口駅前デッキで開始されました。

この社会実験は、一般社団法人柏アーバンデザインセンターと三協フロンテア株式会社が実施するもので、2019年9月から1年間、既製フレーム建築「ユニットハウス」を駅前デッキに設置し、周囲の空間と合わせて、情報発信、アンテナショップ、イベント等に活用します。行政(公)、企業(民)、大学(学)の連携で実現した「小さな公共空間」が中心市街地でどのように機能するか、運用にも参加して観察していきます。



詳細は下記ウェブサイトをご覧下さい。

柏アーバンデザインセンター(UDC2)ウェブサイト

「カシワテラス」について

本プロジェクトは「芝浦アーバンデザイン・スクール2- 地域まちづくり組織への実装 -」の一環として行われました。

9月9日(月)、栃木県宇都宮市のマロニエプラザ大展示場にて第1回宇都宮コラボレーション・フェアが開催されました。

本学は宇都宮大学と連携し、2016年度から始まった「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」を推進中です。
今年度は、「宇都宮大学企業交流会」から「宇都宮大学コラボレーション・フェア」へと変更されましたが、今年も宇都宮大学よりイベントへの参加依頼があり、システム工学特別演習(M1必修科目)で行われたPBL(課題解決型授業)における結果報告5件のポスター展示と、学生の説明によるポスターセッションに参加しました。

台風による影響で公共交通機関が大変不安定な中での開催となりましたが、総計380名の参加がありました。本学のパネルエリアについても、学生や企業様をはじめ多くの方に興味を持っていただき、大変賑わいました。



第1回宇都宮コラボレーション・フェアのチラシは下記をご参照下さい。
第1回宇都宮大学コラボレーション・フェア

本学からの発表題目は下記をご参照下さい。
芝浦工業大学 発表題目

『全国まちづくり会議2019 in 東京』が2019年9月7日(土)・8日(日)に開催されました。

今年は、全国まちづくり会議2019実行委員会委員長を本学の志村秀明教授(建築学部)が務め、本学の教員が様々なプログラムに登壇しました!

全国から都市計画やまちづくりのプランナー、研究者、NPO団体・民間企業等が様々なセクター様々な方々が参加し、交流しました。特に今回は、本学豊洲キャンパスがあり、来年のオリンピック・パラリンピック会場でもある東京都江東区にて「触発し合うローカルとグローカル ― ヒト・コトのネットワーク集積による地域デザイン ― 」というメインテーマのもと、講演やフォーラム、ポスターセッション等、様々なプログラムが展開されました。

さらに、本会議の開会式前にも、現地で実際に活動している専門家が東京のディープゾーンを案内するエクスカーションが4コースが用意され、本学の教員、学生が3コースの案内を担当致しました。江東区・本学志村研究室による「湾岸地域の2020 オリ・パラ会場の視察(クルーズ)」、NPO法人粋なまちづくり倶楽部 鈴木俊治教授(システム理工学部)による「神楽坂の商店街と伝統的路地界隈めぐり」、そして、志村教授(建築学部)・志村研究室による「月島長屋学校の視察とまち歩き」です。

「月島長屋学校の視察とまち歩き」のコースでは、「月島長屋学校」に集合した参加者達は、志村教授(建築学部)による「月島長屋学校」プロジェクトの紹介、月島界隈についての講義を受けた後、月島、佃島のまち歩きに出発し、たくさんの植木に囲まれた趣のある細い路地等を散策しながら、リノベーションされた長屋等を見学しました。


 


 

(ご参考)詳細はこちらのPDFをご覧下さい。全国まちづくり会議2019 in 東京 パンフレット(PDF2枚)

「月島長屋学校」は「内部河川・運河の活用とコミュニティ形成」プロジェクトの一環です

2019年8月9日〜10日、江東区の深川江戸資料館で、6種類13台のロボットによるデモを行いました。

少子高齢社会、労働力減少、災害対応など様々な課題が多い現在、ロボットやロボット技術への期待が高まっています。そのような課題に対応するロボットも実用化されていますが、多様なニーズへの対応には多様なロボットが互いに連携することが重要です。

今回のロボットのデモは、6種類13台のロボットが共通のインターネットプロトコルでつながりロボットネットワークを形成することで、各ロボットの様子をどこからでも確認でき、通信によりロボット同士が連携することを実証するものです。

深川江戸資料館の来館者(2日間で約700人)やスタッフの皆様と実際に触れあう空間の中で、ロボットが将来、社会の中でどのように活用されるかについても実証する機会になりました。

本デモは、「ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築」プロジェクトおよびブランディング事業アーバンエコモビリティの一環として行われています。

なお,以下の皆様の協力で実施しました。
芝浦工業大学 機械機能工学科 松日楽研究室
情報工学科 菅谷研究室、情報通信工学科 森野研究室
産業技術大学院大学 成田研究室
首都大学東京 山口・下川原研究室
ロボットサービスイニシアティブ(RSi)
タケロボ株式会社、ダイコク電機株式会社
深川江戸資料館

Top