実施報告

2020年12月11日〜12日、知能機械システム研究室(工学部機械機能工学科 松日楽信人教授)は、江東区深川江戸資料館でロボットによるデモンストレーションを実施しました。

今回は、知能機械システム研究室から、人の動線を計測し人数も数える挨拶ロボット2台、自動で位置調整する写真撮影ロボット、応答に優れたアンケートロボット2台、の合計5台のロボットが稼働しました。また、東京都立大学の知能情報処理を研究している山口・下川原研究室も参加し、来館者の移動により位置を検出して自動で展示物を紹介するタブレット案内と手指消毒を促すロボットの展示とデモを実施しました。ロボットだけが活躍するのではなく、スタッフ、ボランティアガイド達と適切に共存するための研究として実験が行われ、これらをRSNPでネットワーク化しインターネット経由で何処からでもロボットの状況が把握できるようにしました。

なお、RSNP(Robot Service Network Protocol)はロボット・サービス・イニシアチブ(RSi)が開発したサービスロボットをネットワーク化するための共通仕様です。

今年度は新型コロナの影響により開催時期が延期になり、密を回避し、展示規模もかなり縮小した開催となりましたが、2日間で267名の来館者があり、多くの方にロボットをご覧いただきました。

本イベントは、今年で6年目の開催となりました。来館者やスタッフの皆様と実際に触れあい、ロボット達が社会の中でどのように活用されるかを実証できる貴重な機会を活かし、さらに研究を進めていきます。


本デモンストレーションは、「ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築」プロジェクトおよびブランディング事業『アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成』の一環として行われています。

なお,以下の皆様の協力で実施しました。

東京都立大学 山口・下川原研究室
江東区深川江戸資料館

2020年8月28日、SEATUC Workshop on Robots and Mobility が開催され、松日楽教授と
伊東教授からIntroduction on Advanced Robot and Automotive Collaborationが発表されました。

伊東教授からは、文部科学省から採択を受けて進めている研究ブランディング事業
(アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成)の中の、ロボットネットワークと
自動走行領域の連携活動状況が紹介されました。【下記資料を参照ください】

伊東教授プレゼン資料

この発表では、先進モビリティコンソーシアム(Advanced Driver Assistance Systems Lab)
メンバー、目指すべき『おもいやり共感コミュニティ』、シニアカーの自動運転化を
実現するセットボックスと各種技術、豊洲地区で実施したシニアカー自動運転走行実験動画、
今後の方針等が紹介されました。

本件は本年2月にKMUTTで開催予定であったSEATUCシンポジウムにおいて実施する
プログラムでしたが、新型コロナの影響により延期となっていたもので、今回
SUT(スラナリ工科大学、タイ)の主催するIVCST(SUT International Virtual Conference
on Science and Technology 2020)の中で改めてオンラインにより開催されたものです。

自動運転シニアカー走行実験



SEATUC Workshopポスター



 

 

 

 

2020年7月11日、東京都港区の芝浦港南地区総合支所にて開催された「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」の第2回講座で、システム理工学部の増田幸宏教授が講師を務めました。

「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、芝浦港南地区の在住者、在勤者、在学者を対象として、地区内にキャンパスを有する東京海洋大学及び芝浦工業大学等と連携しながら、地域の多種多様な情報を学ぶ場を提供する事業です。

本講座では「暑い夏の過ごし方を考えてみよう!暑熱環境計測・発見ツアー」をテーマに、芝浦港南地区のまちを歩き、身の回りの暑熱環境の実測し熱中症リスクの発見をするツアーを実施しました。

参加者は「芝浦港南地区 水辺資源等が豊富なこのまちの魅力」のレクチャーを受けた後、放射温度計や風速計、熱中症の指標である暑さ指数(WBGT)等の様々な計測器を持ち、まち歩きに出発!日差しの強い場所と日陰のある場所の温度や、アスファルトと土の表面温度の比較、橋の上やビルの谷間で風の強さを計測しながら、身の回りの熱中症リスクについて学びました。

今回の講座を通じて、方位や風の流れ、土の涼しさや街路樹等の自然空間や、日陰も上手く活かした「まちづくり」の大切さを実感しながら、水辺や緑陰のあるまちの魅力を再発見しました。

*暑さ指数(WBGT): 人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標(環境省HPより)



受講生である地域の方々が、地域に関する知識を習得することで、自らが新たなまちの魅力を発見し、まちの将来を考えるきっかけとなり、新たなコミュニティ形成を推進できるような人材として育っていくことが期待されます。本学もその様な人材育成、コミュニティ形成に貢献していきます。

-->「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」WEBサイト(外部リンク)

2020年3月17日に開催が予定されていた「第6回 COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections 2019~」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、大変残念ながら中止いたしました。

報告会の中止により、来場者による投票(審査)はかなわなくなりましたが、2019年度のCOC 全13プロジェクトが年間を通じて地域と取り組んできた成果の発表・審査の機会を設けたいとの方針により、代替措置として提出されたポスターによる審査を実施いたしましたので、以下のとおり審査結果を公表いたします。

金賞:「都市の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」より
 

 

第6回 COC学生成果報告 審査結果

 
金賞 都市の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催
銀賞 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築(地域連携の強化)
銅賞

内部河川・運河の活用とコミュニティ強化

 

もの・ことづくりのためのイノベーション創出:産学地域連携による実践型システムデザイン教育

 
インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト
敢闘賞 まちづくりコラボレーション~さいたまプロジェクト

システム思考を用いた地域間連携型農業支援

気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム

東京臨海地域における安心安全のまちづくり

地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術 – 人に優しいIoTによるQoL向上の実現 –

グローバルな女性エンジニアを育てるPBL教育の検討と実践

学生の主体性を生かした地域貢献の取り組み〜多機能型運動教室の実践〜
 
(審査辞退)芝浦アーバンデザイン・スクール2- 地域まちづくり組織への実装 –

芝浦工業大学 アーバンエコモビリティ研究センター ロボット・ネットワーク領域リーダーの松日楽信人教授を中心に、芝浦工業大学とベイエリアおもてなしロボット研究会は、「ベイエリアロボティクスフォーラム2020セミナー」を開催しました。このフォーラムは毎年行われており、今年で4回目の開催となります。

今年はロボットネットワークによるデータの共通化およびデータの活用に焦点を絞り、8機関、8名の講師がシーズからニーズまで多様な分野で報告しました。


(1)国際ロボット展での30台ロボットの連携実験
松日楽信人(芝浦工業大学)
(2)サービスロボットの普及に必要なこと
成田雅彦(産業技術大学院大学)
(3)屋内複数自動搬送ロボットのソフトウェアシステム
成瀬継太郎(会津大学コンピュータ理工学部)
(4)移動ロボット共通インタフェース
山本大介(東芝)
(5)地理空間情報に基づくロボット用地図の基礎検討
武田 浩志(国際航業株式会社 先端技術・事業開発部)
(6) ユーザーから見た、サービスロボット実装の課題
大野誠一郎(JR東日本商事 AI・ロボティクス推進部)
(7) ロボットサービスに関する OMG での標準化活動:RLS, RoIS, RoSO
亀井剛次(NTTコミュニケーション科学基礎研究所/OMG Robotics DTF co-chair)
(8)コミュニティ・セントリックな成長する知能とロボット群
山口 亨(首都大学東京・システムデザイン学部・情報科学科)

本年も約60名と多数の参加があり、各テーマとも具体的な内容で、講演後の交流会まで活発な質疑応答がなされ、今後の製品化、サービス化が期待されます。

また、産業技術大学院大学の成田研究室からは人の動きを参考にした浄瑠璃ロボットを展示しました。
うなずき、まばたき、発声にともなう口の動きを実現しており、人気を博しました。

阪神・淡路大震災より、毎年1月17日を「防災とボランティアの日」、1月15日から1月21日までが「防災とボランティア週間」と内閣府により定められております。これに併せて、港区芝浦港南地区総合支所では「防災展」を実施しました。(2020年1月15日~21日)

港区芝浦港南地区総合支所のご協力により、本学デザイン工学部デザイン工学科(橋田規子教授)の学生とデザイナーによる「土嚢」をはじめとした「防災」に関する様々なデザインを展示しました。



本展示は 「都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」プロジェクトの一環として実施しています。

質疑応答



リーズ大学デモ内容とドライビングシミュレータ



豊洲校舎会場


12月6日(金)に芝浦工業大学・豊洲校舎に於いて、先進モビリティコンソーシアム『2019秋のADAM発表会』を開催致しました。

 

今回は、留学中の廣瀬先生と伊東先生が英国リーズ大学(University of Leeds)の研究施設を見学し、webシステムで接続することにより、日本側もその見学に参加する形で進めました。リーズ大学の先生方が研究施設の説明と、日本側学生からの質疑応答にも対応くださいました。

 

学生達は、広い研究施設や、見たことのない並進装置付きドライビングシミュレータ、トラック専用シミュレータ、歩行者専用シミュレータ等の最新研究施設の充実度に刺激を受けていました。

 

日本側出席者は、教員1名、職員5名、学生29名の合計35名でした(伊東先生と廣瀬先生が英国留学中のため、今回に限り、学内関係者のみに限定しました)。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームパン!表彰式



チームパン!発表



チームモウモウ!発表



表彰された5チーム


2019年12月6日、さいしんホール(さいしん熊谷本町ビル)にて、「開放特許を活用した学生アイデア発表会in埼玉(注1)」が行われました。
本学からシステム工学特別演習と、システム理工学部・機械制御システム学科・長谷川研究室から2チームが参加し、全体で5大学13チームが発表を行いました。本学2チームのチーム名、製品名、活用した開放特許は下記の通りです。

 

■チームパン!:ぽてどり、キューピー株式会社・カスタードプリンの食感改良技術
■チームモウモウ!:モウモウ!取らないで!!、富士通株式会社・スマートグリップ技術

 

いずれも本学の特徴を生かした素晴らしい発表でしたが、チームパン!が優秀賞を、チームモウモウ!が奨励賞を受賞しました。
本学としては2年連続の優秀賞受賞となります。

 

(注1)学生達が大手企業等の開放特許を活用した商品アイデアを創出し、それを実施する企業を募集して、特許を持つ企業や連携支援機関等と協力して商品化を目指す事を目的として毎年開催されている企画です。
主催:一般社団法人さいしんコラボ産学官、共催:埼玉信用金庫、後援:埼玉県、信金中央金庫、日刊工業新聞社さいたま総局

イベントのチラシは下記をご参照下さい。
最終発表会 パンフ

2019年11月23日、東京都港区の「みなとパーク芝浦」にて開催された「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」の第5回講座で、システム理工学部の増田幸宏教授が講師を務めました。

「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、芝浦港南地区の在住者、在勤者、在学者を対象として、地区内にキャンパスを有する東京海洋大学及び芝浦工業大学等と連携しながら、地域の多種多様な情報を学ぶ場を提供する事業です。(主催:芝浦港南地区総合支所協働推進課)

第5回講座は「逃げずに、とどまる防災~地域の防災設備等を発見し、建物内待機の重要性を学ぶ~」をテーマに開催されました。

講座の参加者は「安全・安心のまちづくり」のレクチャーを受けた後、東日本大震災を踏まえ、大幅な防災機能の強化がされた「みなとパーク芝浦」の施設および設備等を見学し、多様な種類の非常食(お湯、常温の水を使うもの、缶詰など)を試食しました。このような様々なアクティビティを通じて、臨海部のまちならではの魅力・特徴や防災施設、設備を発見するとともに、建物にとどまる防災対策の重要性を学びました。



「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、1年間を通じて、全8回の講座を受講し、講座修了者は「知生き人(ちいきじん))」として認定されます。

受講生である地域の方々が、地域に関する知識を習得することで、自らが新たなまちの魅力を発見し、まちの将来を考えるきっかけとなり、新たなコミュニティ形成を推進できるような人材として育っていくことが期待されます。本学もその様な人材育成、コミュニティ形成に貢献していきます。

-->「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」WEBサイト(外部リンク)

 

本学チーム(前列は市長と審査員)



フォーラム全体風景



発表風景



発表風景



2019年11月24日、武蔵浦和コミュニティセンター・多目的ホール(サウスピア9階)にて「第9回 学生政策提案フォーラムinさいたま」が行われました。
これは、さいたま市と「大学コンソーシアムさいたま※」加盟大学の学生が、さいたま市の政策・事業について企画検討・提案することにより、地域社会への愛着と関心を深め、ひいてはさいたま市の発展に寄与することを目的に、毎年開催しているものです。

今回は、全体で5大学(埼玉大学、埼玉県立大学、人間総合科学大学、日本大学、本学)、8チームが発表を行い、本学チームが最優秀賞を、埼玉大学と日本大学2チームの合計3チームが優秀賞を受賞しました。

■本学チーム名:さいたまオアシスプロジェクト
■発表テーマ:東京オリンピック・パラリンピック開催時の雪の利活用促進について
■代表者:システム理工学部環境システム学科4年 水野眞子
■指導教員:システム理工学部環境システム学科 教授 増田幸宏

さいたま市は東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、東日本連携都市である南魚沼市と共に雪を用いた熱中症対策を検討しています。本学チームも、その実証実験に参加して効果の確認と問題点の洗い出しをおこないました。そしてその問題点を改善させる対策案を政策提案として発表し、見事に最優秀賞を受賞しました。
表彰式では、さいたま市清水市長から賞状・トロフィが授与されました。

本学チームの提案概要等は下記資料をご参照ください。

提案概要

さいたま市のサイト「第9回学生政策提案フォーラムinさいたま」もご参照下さい。

※大学コンソーシアムさいたま:さいたま市内及び近隣11大学の間で、各大学が持つ多彩な魅力や豊富なシーズを相互に活用して共に高めるとともに、連携して活力ある地域社会の形成と発展に寄与することを目的としてH23年10月に設立されました。

以上

Top