実施報告

2022年8月、工学部 石崎教授が芝浦工業大学大宮校舎で高齢者の AR スポーツ教室を実施し、高齢者を対象としたARスポーツ(HADO)実践は運用方法を工夫すれば十分にスポーツとして価値のあるツールになり得るという感触を得た。

【目的】
高齢者の運動意欲は高く、石崎教授が2014 年以降に実施した運動教室には延べ 400 名以上が参加している。そして、継続的な運動実施は,健康維持が保てることが明らかとなっている。一方で、実施する運動内容については、より交流のあるチーム型スポーツへの要望が高い。そこで今年度は非接触型であり性別・年齢・体力などの差を排除できるスポーツとして近年注目を集めている ARスポーツ(HADO)を対象とし、その有効性について検証を行った。

【内容】
対象:さいたま市内に在住する健常な高齢者24名(65歳以上)。
実施日: 2022年8月24、28日
場所:芝浦工業大学大宮キャンパス斉藤記念館
方法:参加者は準備運動(10分)後に3人組を作り、HADO(meleap社製)を3人対3人で行った。HADOは1回80秒間のプレーであるため、休息を挟み、リーグ戦形式で実施した。参加者は練習試合、リーグ戦、順位決定戦と5回のゲームを実施した。プレー中は心拍センサー(H10、Polar社製)を装着し、心拍数、エネルギー消費量を測定した。

【結果】
さいたま市市内に在住の高齢者24名(年齢:74.8±3.4歳、身長:161.7±7.5cm、体重:60.0±11.4Kg、BMI:22.8±2.8)が本調査に参加した。

運動開始から終了後までの平均心拍数は84.1±14.0拍/分(安静時心拍数64.8±8.2拍/分)。消費カロリーは292.0±160.3Kcal(104〜691Kcal)だった。

今回、HADOの説明時間・準備運動含めて約90分の運動だったが、座位の時間が長く、平均心拍数が低くなる結果となった。一方で、ゲーム中に出現する最高心拍数に注目すると、安静時心拍数と殆ど変わらない参加者も見受けられたが、154~175拍/分と高い最高心拍数を記録する参加者もいた。これらの数値については心拍予備(HRR)の観点からすると、80%HRRを超える高い運動強度となっていた。

また、HADOの消費カロリーは、平均300Kcal程度であったため、ウォーキングで例えると「ゆっくり〜早歩き(3〜4Mets)」程度であった反面、600Kcal以上消費する参加者も見受けられた。

このように心拍数やエネルギー消費量は平均でみると、非常に低強度のスポーツとなるが、個別にみていくと、運動強度に大きな差があることが明らかになった。この原因として、初めて実施するスポーツであったためにHADOの理解度に大きな差があったと考えられる。HADOのような体験したことのないようなスポーツを実施する場合は、十分な説明が必要であると考えられる。

HADO後に5件法でアンケートを行った。「楽しさ」については、全員が“とてもそう思う”(67%)、“ややそう思う”(33%)であった。「運動強度の適切さ」は“とてもそう思う”(25%)、“ややそう思う”(50%)と回答し、「運動量が適切か」は“とてもそう思う”(18%)、“ややそう思う”(64%)と言う結果であった。「またHADOをやりたいか」については“とてもそう思う”(59%)、“ややそう思う”(33%)と8割以上がポジティブな回答だった。この結果からHADOという新しいARスポーツが運動量的にも、強度的にも高齢者に好意的に受け入れられると考えられる。

自由記述のコメントを見ても、「気持ちがよかった。子供のように楽しめた。気分がすっきりした。」、「初めての体験で不安があったが実際やってみて高年齢でも十分楽しめ運動の助けになった。」と前向きな内容であった。HADOに肯定的な意見があった反面、「目が疲れた、画像に目が追い付かなくなっている。」という意見もあり、今後高齢者を対象に実施する際には運動と休憩のバランスなども十分考慮する必要があることが明らかになった。

以上のことから、高齢者を対象としたARスポーツ(HADO)実践は、運用方法を工夫すれば十分にスポーツとして価値のあるツールであると考えられる。しかしながら、高齢者を対象としたARスポーツのデータは世界的にも少ないため、今後も継続的に実験を行っていく必要があると考えられる。

公開日 2022年9月26日                                  以上

2022年7月22日システム工学特別演習の最終報告会で、連携自治体様等から
頂戴した課題に対して、各班で4か月間取組んだ解決策を発表しました。

『課題提供をして頂いたことに対するお礼と、学生たちのプロジェクトに
対する様々なご支援ありがとうございました。』システム工学特別演習の
とりまとめを担当された、システム理工学部 長谷川教授より。
—————————————————————————–
【システム工学特別演習】
システム工学特別演習は,システム理工学専攻の5つの部門(電子情報,機械制御,社会・環境,生命科学,数理科学)の学生が混成でプロジェクトチームを構成し,企業や自治体から頂いた課題に対するシステム企画を提案するものです.

【2022年度システム工学特別演習のスケジュール】(R4 年 4 月 15 日~R4 年 7 月 22 日)
01.4/15, Explain of exercise process, Team-Forming, and Confirmation of the theme
02.4/22, Requirement analysis and definition (Objective and present status)
03.5/06, Fieldwork activities for needs finding, and redefinition of objective
04.5/13, Requirement analysis and definition for needs and technologies
05.5/20, Goal setting, budget planning and preparation of 1st Design Review (DR)
06.5/27, 1st DR for system planning and budget planning
07.6/03, Feedback of DR’s result: redefinition of requirement for problem & its objective, and redesign of budget planning and design for evaluation planning
08.6/10, 1st trial activities in accordance with the planned schedule
09.6/17, 1st trial activities and preparation of 2nd DR
10.6/24, 2nd DR for project activities
11.7/01, Feedback of DR’s result and design for prototyping with the planned schedule
12.7/08, Prototyping with the planned schedule, and evaluation
13. 7/15, Prototyping and system planning document. Preparation of the final presentation materials
14. 7/22, Final presentation

【課題提供元、提供課題】
4班
課題提供元:さいたま市 都市局都市計画部自転車まちづくり推進課様
提供課題:さいたま市シェアサイクル普及事業実証実験の状況と今後の展開について

5班
課題提供元:さいたま市 スポーツ文化局 スポーツ部 スポーツ政策室様
提供課題:「さいたまスポーツシューレ」の活用によるスポーツビジネス・スポーツ産業の創出・活性化

6班
課題提供元:埼玉県 企画財政部 計画調整課様、県民生活部 スポーツ振興課様
提供課題:スポーツしたくなる広報

24班
課題提供元:一般社団法人さいしんコラボ産学官様
提供課題:学生が、大企業の開放特許を活用して、中小企業の製品化アイデアを創出する

公開日 2022年9月26日                    以上

2022年3月16日に「第8回 COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections 2021~」が開催されました。今年も新型コロナウイルスの影響により、プレゼンテーションをオンラインで実施し、ポスターセッションについてはWEB上でに掲載する形での開催となりました。プレゼンテーションについては、昨年はZOOMによる収録配信でしたが、今年度はライブ配信で学生が発表とQ&Aを行いました。

当日は、行政、金融機関、企業、地域の関係者、学生および教職員、多くの方にご参加いただきました。
オンラインでの開催により、以前のような来場者による投票(審査)はかなわなくなりましたが、2021年度のCOC 9プロジェクトが年間を通じて地域と取り組んできた成果の発表・審査の機会を設けたいとの方針により、本イベントにご後援いただいた公的機関や団体、金融機等の皆様等に依頼し、プレゼンテーションおよびWEB掲載のポスターによる審査を実施いたしました。

以下のとおり審査結果を公表いたします。

金賞:「PJ-2107  豊洲、大宮地区の車載センサを応用した交通安全対策活動」より
 

第8回 COC学生成果報告 審査結果

金賞 PJ-2107  豊洲、大宮地区の車載センサを応用した交通安全対策活動
銀賞 PJ-2101 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築(地域連携の強化)
PJ-2102  内部河川・運河の活用とコミュニティ強化

PJ-2104  Connected NASUの実現に向けたサービス・モビリティ創生
敢闘賞 PJ-2103  芝浦アーバンデザイン・スクール2- 地域まちづくり組織への実装 –

PJ-2105  東京臨海地域における安心安全健康のまちづくり

PJ-2106  インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト

PJ-2108  「コロナ禍を乗り切るためのシニア向け“オンライン型運動教室”の実践」プロジェクト

PJ-2109  地域志向活動型アクティブ・ラーニングのカリキュラムマネジメントとSDGs達成に向けての地域課題解決策の実践

2021年3月16日に「第7回 COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections 2020~」が開催されました。今年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、プレゼンテーションをオンラインで実施し、ポスターセッションについてはWEB上でに掲載する形での開催となりました。

当日は、行政、金融機関、企業、地域の関係者、学生をはじめとした学内関係者にプレゼンテーションを聴講いただきました。
オンラインにより、以前のような来場者による投票(審査)はかなわなくなりましたが、2020年度のCOC 15プロジェクトが年間を通じて地域と取り組んできた成果の発表・審査の機会を設けたいとの方針により、本学の地域連携にご理解・ご支援をいただいている公的機関や金融機等(後援団体)の皆様等に依頼し、プレゼンテーションおよびWEB掲載のポスターによる審査を実施いたしましたので、以下のとおり審査結果を公表いたします。

金賞:「PJ-8 気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」より
 

金賞:「PJ-13 ものづくり演習を活用した芝浦工大ブランドの向上と地域産業の活性化」より
 

第7回 COC学生成果報告 審査結果

金賞 PJ-8 気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム

PJ-13 ものづくり演習を活用した芝浦工大ブランドの向上と地域産業の活性化
銀賞 PJ-3 都心の防災を考えるワークショップ実施と展覧会の開催

PJ-14 社会人基礎力向上を目指す地域志向活動型アクティブ・ラーニングのカリキュラムマネジメントと教育アセスメント
銅賞 PJ-1 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築(地域連携の強化)

PJ-2 内部河川・運河の活用とコミュニティ強化

PJ-6 システム思考を用いた地域間連携型農業支援

PJ-7 産学地域連携による実践型システムデザイン教育

PJ-9 東京臨海地域における安心安全健康のまちづくり

PJ-11 レーダを用いた歩行者保護システムの提案

PJ-12 地域活性化を目的としたオンライン型運動教室の実践
敢闘賞 PJ-4 芝浦アーバンデザイン・スクール2 – 地域まちづくり組織への実装 –

PJ-5 公民学連携による高齢化社会対応まちづくり研究〜サテライトラボ上尾の全世代型サードプレイスと地域教育研究拠点〜

PJ-10 インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト

PJ-15 学生主体のSDGs協働プロジェクトによる地域課題の解決策の実践

3月2日(火)にオンライン(Zoom)にて2021春のADAM発表会を開催しました。
今年度は、アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成
 ~私立大学研究ブランディング事業シンポジウム~
の自動運転領域ワークショップとしてオンライン開催し、学内外合計127名の皆様に
最新の研究内容をご覧いただきました。

本イベントのアーカイブ動画・資料を下記URLからご覧いただけます。
https://www.shibaura-it.ac.jp/research/branding/uem-sit/

30枚の研究ポスターは下記URLからご覧いただけます。
https://www.shibaura-it.ac.jp/research/branding/uem-sit/adws.html

また、自動運転シニアカーのデモ動画は下記URLからご覧いただけます。
SIT-ADAS LAB – YouTube

【開催日】2021年3月2日(火)
【発表概要】アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成
第1部 全体セッション(13:0014:20):アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成のご紹介
第2部 デモセッション(14:2014:50):シニアカーのデモビデオ等をご覧いただきます
第3部 領域別ワークショップ(15:0017:00):2021春のADAM発表会
 ○概要報告: 15:0016:00
 ○個別研究内容報告: 16:0017:00(懇談: 個別研究報告と並列に教員毎のオンライン部屋開設)
  担当教員と学生がオンラインでインタラクティブに発表。ブレイクアウトルーム(オンライン部屋)
訪問するためZoomアプリのバージョンはv.5.3.0以降での参加をお願いしました。





 

 

 

 

 

 

 

2020年12月11日〜12日、知能機械システム研究室(工学部機械機能工学科 松日楽信人教授)は、江東区深川江戸資料館でロボットによるデモンストレーションを実施しました。

今回は、知能機械システム研究室から、人の動線を計測し人数も数える挨拶ロボット2台、自動で位置調整する写真撮影ロボット、応答に優れたアンケートロボット2台、の合計5台のロボットが稼働しました。また、東京都立大学の知能情報処理を研究している山口・下川原研究室も参加し、来館者の移動により位置を検出して自動で展示物を紹介するタブレット案内と手指消毒を促すロボットの展示とデモを実施しました。ロボットだけが活躍するのではなく、スタッフ、ボランティアガイド達と適切に共存するための研究として実験が行われ、これらをRSNPでネットワーク化しインターネット経由で何処からでもロボットの状況が把握できるようにしました。

なお、RSNP(Robot Service Network Protocol)はロボット・サービス・イニシアチブ(RSi)が開発したサービスロボットをネットワーク化するための共通仕様です。

今年度は新型コロナの影響により開催時期が延期になり、密を回避し、展示規模もかなり縮小した開催となりましたが、2日間で267名の来館者があり、多くの方にロボットをご覧いただきました。

本イベントは、今年で6年目の開催となりました。来館者やスタッフの皆様と実際に触れあい、ロボット達が社会の中でどのように活用されるかを実証できる貴重な機会を活かし、さらに研究を進めていきます。


本デモンストレーションは、「ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築」プロジェクトおよびブランディング事業『アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成』の一環として行われています。

なお,以下の皆様の協力で実施しました。

東京都立大学 山口・下川原研究室
江東区深川江戸資料館

2020年8月28日、SEATUC Workshop on Robots and Mobility が開催され、松日楽教授と
伊東教授からIntroduction on Advanced Robot and Automotive Collaborationが発表されました。

伊東教授からは、文部科学省から採択を受けて進めている研究ブランディング事業
(アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成)の中の、ロボットネットワークと
自動走行領域の連携活動状況が紹介されました。【下記資料を参照ください】

伊東教授プレゼン資料

この発表では、先進モビリティコンソーシアム(Advanced Driver Assistance Systems Lab)
メンバー、目指すべき『おもいやり共感コミュニティ』、シニアカーの自動運転化を
実現するセットボックスと各種技術、豊洲地区で実施したシニアカー自動運転走行実験動画、
今後の方針等が紹介されました。

本件は本年2月にKMUTTで開催予定であったSEATUCシンポジウムにおいて実施する
プログラムでしたが、新型コロナの影響により延期となっていたもので、今回
SUT(スラナリ工科大学、タイ)の主催するIVCST(SUT International Virtual Conference
on Science and Technology 2020)の中で改めてオンラインにより開催されたものです。

自動運転シニアカー走行実験



SEATUC Workshopポスター



 

 

 

 

2020年7月11日、東京都港区の芝浦港南地区総合支所にて開催された「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」の第2回講座で、システム理工学部の増田幸宏教授が講師を務めました。

「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、芝浦港南地区の在住者、在勤者、在学者を対象として、地区内にキャンパスを有する東京海洋大学及び芝浦工業大学等と連携しながら、地域の多種多様な情報を学ぶ場を提供する事業です。

本講座では「暑い夏の過ごし方を考えてみよう!暑熱環境計測・発見ツアー」をテーマに、芝浦港南地区のまちを歩き、身の回りの暑熱環境の実測し熱中症リスクの発見をするツアーを実施しました。

参加者は「芝浦港南地区 水辺資源等が豊富なこのまちの魅力」のレクチャーを受けた後、放射温度計や風速計、熱中症の指標である暑さ指数(WBGT)等の様々な計測器を持ち、まち歩きに出発!日差しの強い場所と日陰のある場所の温度や、アスファルトと土の表面温度の比較、橋の上やビルの谷間で風の強さを計測しながら、身の回りの熱中症リスクについて学びました。

今回の講座を通じて、方位や風の流れ、土の涼しさや街路樹等の自然空間や、日陰も上手く活かした「まちづくり」の大切さを実感しながら、水辺や緑陰のあるまちの魅力を再発見しました。

*暑さ指数(WBGT): 人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標(環境省HPより)



受講生である地域の方々が、地域に関する知識を習得することで、自らが新たなまちの魅力を発見し、まちの将来を考えるきっかけとなり、新たなコミュニティ形成を推進できるような人材として育っていくことが期待されます。本学もその様な人材育成、コミュニティ形成に貢献していきます。

-->「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」WEBサイト(外部リンク)

2020年3月17日に開催が予定されていた「第6回 COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections 2019~」は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、大変残念ながら中止いたしました。

報告会の中止により、来場者による投票(審査)はかなわなくなりましたが、2019年度のCOC 全13プロジェクトが年間を通じて地域と取り組んできた成果の発表・審査の機会を設けたいとの方針により、代替措置として提出されたポスターによる審査を実施いたしましたので、以下のとおり審査結果を公表いたします。

金賞:「都市の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」より
 

 

第6回 COC学生成果報告 審査結果

 
金賞 都市の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催
銀賞 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築(地域連携の強化)
銅賞

内部河川・運河の活用とコミュニティ強化

 

もの・ことづくりのためのイノベーション創出:産学地域連携による実践型システムデザイン教育

 
インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーションプロジェクト
敢闘賞 まちづくりコラボレーション~さいたまプロジェクト

システム思考を用いた地域間連携型農業支援

気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム

東京臨海地域における安心安全のまちづくり

地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術 – 人に優しいIoTによるQoL向上の実現 –

グローバルな女性エンジニアを育てるPBL教育の検討と実践

学生の主体性を生かした地域貢献の取り組み〜多機能型運動教室の実践〜
 
(審査辞退)芝浦アーバンデザイン・スクール2- 地域まちづくり組織への実装 –

芝浦工業大学 アーバンエコモビリティ研究センター ロボット・ネットワーク領域リーダーの松日楽信人教授を中心に、芝浦工業大学とベイエリアおもてなしロボット研究会は、「ベイエリアロボティクスフォーラム2020セミナー」を開催しました。このフォーラムは毎年行われており、今年で4回目の開催となります。

今年はロボットネットワークによるデータの共通化およびデータの活用に焦点を絞り、8機関、8名の講師がシーズからニーズまで多様な分野で報告しました。


(1)国際ロボット展での30台ロボットの連携実験
松日楽信人(芝浦工業大学)
(2)サービスロボットの普及に必要なこと
成田雅彦(産業技術大学院大学)
(3)屋内複数自動搬送ロボットのソフトウェアシステム
成瀬継太郎(会津大学コンピュータ理工学部)
(4)移動ロボット共通インタフェース
山本大介(東芝)
(5)地理空間情報に基づくロボット用地図の基礎検討
武田 浩志(国際航業株式会社 先端技術・事業開発部)
(6) ユーザーから見た、サービスロボット実装の課題
大野誠一郎(JR東日本商事 AI・ロボティクス推進部)
(7) ロボットサービスに関する OMG での標準化活動:RLS, RoIS, RoSO
亀井剛次(NTTコミュニケーション科学基礎研究所/OMG Robotics DTF co-chair)
(8)コミュニティ・セントリックな成長する知能とロボット群
山口 亨(首都大学東京・システムデザイン学部・情報科学科)

本年も約60名と多数の参加があり、各テーマとも具体的な内容で、講演後の交流会まで活発な質疑応答がなされ、今後の製品化、サービス化が期待されます。

また、産業技術大学院大学の成田研究室からは人の動きを参考にした浄瑠璃ロボットを展示しました。
うなずき、まばたき、発声にともなう口の動きを実現しており、人気を博しました。

Top