実施報告

2017年11月15日、すみだテクノプラザにて、「建設工学演習・プランニング」の中間発表会を行いました。

本演習は、2016年度より墨田区の曳舟駅周辺(向島・京島地域)を対象に、学生(理工学研究科建設工学専攻修士1年)が自ら対象地域と課題を設定し、まちづくり提案を行うもので、担当教員も建築・土木・都市計画分野の各分野にまたがっています。

今年度は「地域資源を活かした空間計画・デザインとエリアマネジメントの提案」がテーマです。3グループとも京島2・3丁目地区を対象として選択しました。

当日は、学生11名(3グループ)が発表を行いました。教職員7名に加え、地域の企業・NPO・金融機関等の関係者の皆さま9名に参加をいただきました。地域関係者の皆さまからは、各々の業務や生活者などの観点から、暖かく、適切なご助言をいただきました。

 

中間発表会の質疑

 

【いただいた意見(全体的な意見)】
・一般論ではなく、京島ならではの資源の発見や課題の設定が重要。そのために、現地ヒアなどを積極的に行うべき。
・全体像と個別の関係を見失わないように留意が必要。俯瞰して整理するとよい。
…等々(その他、各々の経験をふまえた事例紹介、ご意見など多数いただきました)

 

学生たちは来年1月の最終発表に向けて、ストーリーの再構築や提案の具体化に取り組んでいきます。

 

発表会後の反省会

 

本演習は「「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」の一環として実施しています。

工学部建築学科の授業「建築設計演習Ⅲ(3年生・選択必修)」では、江東区立深川図書館および周辺を対象とした設計演習を行っています。

深川図書館は明治42年に東京市立図書館として設立され、100年を越える歴史を持つ図書館で、周辺には清澄庭園、清澄公園、仙台堀川など豊かな地域資源も存在します。

「成熟社会における市民の文化活動拠点としての図書館」をテーマに、学生独自の視点から地域や現在の図書館について課題を発見し、これからの図書館に求められる機能、公共サービス機能の複合化、周辺環境との連携などもふまえてを提案します。

11月11日の最終講評会では、留学生8名を含む学生70名、江東区職員2名、教職員7名・TAなど大学院生4名が参加し、9名が発表を行いました。

 


 

●最終プレゼン参加作品(発表順)

『Library of Connection』
『Library with liberation』
『KARUSA』
『-緑地な図書館- 天然物と人工物のボーダーレス化』
『滲出~図書空間の再編成~』
『巣を張る』
『「隙間」の求心力』
『清澄白川の未来を創造する』

 

講評では、建築各分野の教員から暖かくも厳しい指摘が飛び交いました。また、江東区役所よりも深川図書館長・都市計画課長にご参加をいただき、都市や施設に関わる自治体の視点から貴重なアドバイスをいただきました。

学生にとって、地元である江東区について学ぶと同時に、学生ならでは独自のアイデアに対して地域性への配慮や実務的な視点からのコメントを得られる貴重な機会となりました。

 


 

本演習は、「木材業者との連携による居住環境の改善」プロジェクトの一環として実施されました

2017年10月28日(土)、墨田区曳舟地域にて「防災遠足」を開催しました。

曳舟地域は防災上の課題を抱える地域であり、地域の高齢者には、「災害時1人で逃げる自信がない」という不安があります。防災遠足は、「地域を知り、自分を知り、防災を知る」をキーワードに、防災や福祉など多様な関係者の協働により進められるイベントで、地域内から広域避難場所である東白鬚公園まで実際に歩きながら、地域の特徴や自分の限界も再確認するものです。

今年度は、芝浦工業大学学生プロジェクト「すみだの’巣’づくりプロジェクト」と「(NPO)燃えない壊れないまち・すみだ支援隊」による主催で実施しましたが、実施にあたっては、地域関係者16団体の協力による「防災遠足運営会議」を発足し、検討を積み重ねてきました。

当日はあいにくの雨でしたが、1〜82歳までの地域住民、福祉関係者、看護師、高校生、大学生などの総勢83人が参加しました。



【主催】すみだの`巣`づくりプロジェクト(芝浦工業大学)、 (NPO)燃えない壊れないまち・すみだ支援隊
【共催】むこうじま高齢者みまもり相談室、むこうじま高齢者支援総合センター、早稲田大学長谷見研究室
【協力】( 公財) 東京都公園協会、白鬚東地区自治会連合会、かぁかのおうち、高久産業(株)、都立橘高校生徒会、 すみだケアマネジャー連絡会、墨田区訪問介護事業者連絡会、 (NPO)長寿安心会、一寺言問を防災のまちにする会、芝浦工業大学地域安全システム研究室
(順不同)

 

–>こちらもご覧下さい(すみだの’巣’づくりプロジェクトFaceBookページ)

本イベントは、「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」プロジェクトの一環として行われました。

平成28年9月10日(土)、すみだリバーサイドホールにて「墨田区防災フェア」(墨田区主催)が開催されました。城東地域の産・学・金6団体からなる「城東地域活性化推進協議会」で、開発中の「冠水道路の推進表示ポール」を展示しました。

実施概要
日時:平成29年9月10日(日) 10:00~16:00
場所:すみだリバーサイドホール(東京都墨田区吾妻橋一丁目23番20号)
参加:城東地域活性化推進協議会メンバー 10名程度
ブース来場者 56名(カウントできた参加者のみ)
その他:連携している「ふじのきさん家」、「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」も同時展示
メディア取材(サンケイリビング、日刊工業新聞、J;COMなど)


城東地域活性化推進協議会(※1)は、2014年から活動しており、複数の地域企業・大学・金融機関が連携しながら、地域の課題解決やものづくり産業の活性化を目的として、研究会の開催と具体の製品開発に取り組んでいます。
※1:城東地域活性化推進協議会 参加メンバー(2017年9月時点)
①高久産業株式会社(東京都墨田区)
②株式会社ミヨシ(東京都葛飾区)
③東京東信用金庫(東京都墨田区)
④東京理科大学(東京都新宿区・葛飾区)
⑤東京電機大学(東京都足立区)
⑥芝浦工業大学(東京都港区・江東区)

同研究会では、今までにない防災製品の共同開発に取り組んでおり、この度、第1弾の成果として、水害に着目した「冠水道路の水深表示ポール(※2)」のプロトタイプを開発しました。平常時に通常の歩車分離ポールコーンとして機能すると共に、冠水時には二重になった内側のポールが水によって浮上し、浸水の深さや道の境界線を表示するものです。また、ポール先端に各種センサー・通信機器を追加設置することで、地域の災害情報を広く収集・発信できるといった発展性を持ちます。今後、実証実験をふまえながら協力体制を拡充し、製品化を目指します。
※2:高久産業株式会社にて特許出願中(特願2017-151482)

-->詳細はこちら(PDF363KB)

本取り組みは、COCプロジェクト外の自主的な地域連携活動として実施しているものです。

2017年10月1日〜2日、新芝橋及び運河遊歩道周辺(田町駅前)にて、芝浦運河まつりが開催されました。本イベントは、芝浦地区の商店会や芝浦運河ルネサンス協議会など地域の協働によって開催されているものです。


芝浦工業大学都市デザイン研究室(教授 前田英寿)では、芝浦海岸地域周辺の都市模型や地域の変遷図などを展示しており、研究成果を社会還元しています。小さな子供から大人まで、自分たちの住んでいる地域を再発見していました。



芝浦キャンパスも会場の一部を提供しており、地域連携・生涯学習センターによる子供向けのロボット体験を行いました。


-->芝浦アーバンデザイン・スクール(地域への参加2017)

本イベント(都市模型等の展示)は「芝浦アーバンデザイン・スクール」の一環として開催されました。

2017年9月30日、東雲運河(通称:東電堀)にて、豊洲水彩まつり2017が開催されました。本イベントは豊洲水彩まつり実行委員会・豊洲地区運河ルネサンス協議会が主催するもので、芝浦工業大学が事務局を務めています。


今までは、芝浦工業大学豊洲キャンパス横の船着場で開催されていましたが、今年度は新たにまちづくりが進んでいる「東電堀」を会場とし、芝浦工業大学地域デザイン研究室(教授 志村秀明)の学生による「運河クルーズ」ガイドも行われました。60人のクルーズ(4回)がほぼ満席となりました。




また、カヌー体験やディンギー体験、キャナルカフェ、水陸旅用バス「スカイダック」、町内対抗ゴムボートレースなど、地域の参加により、楽しみながら水辺の利活用の取り組みが行われました。3000人以上の来場がありました。

-->NHK「首都圏のニュース」でも豊洲水彩まつりが紹介されました(外部リンク)

本イベントは「内部河川・運河の活用とコミュニティ形成」プロジェクトの一環として開催されました。

2017年9月15日〜24日、大宮区役所前道路予定地にて「おおみやストリートテラス」が開催されました(主催:アーバンデザインセンター大宮[UDCO])。道路拡幅予定地を活用して、情報発信や飲食、休憩スペースなど、大宮らしい文化の発掘に向けた取り組みを行うものです。


 

9月19日の「アーバンデザイントーク#002」では、環境システム学科(教授 鈴木俊治)の学生2名が参加して、地域のまちづくり関係者と意見交換を行いました。


9月21日〜22日にかけては、環境基盤研究室(准教授 増田幸宏)では、まちかの回遊性や安全性を高める「クールスポット」の提案として、デモ・ミニレクを実施しました。本提案は、都市の高温化が深刻化していく中でも「安心して歩いて暮らせるまちづくりを環境面から考える」ために、産学連携による「さいたま・人×まち×暮らし・レジリエンス研究会」を発足し、小庭・緑×自販機×デジタルサイネージの提案を行ったものです。



当日は、地域住民の方、国土交通省関東地方整備局やさいたま市役所など行政関係の方が見え、実際にWBGT計やサーモグラフカメラなどに触れながら、熱中症や災害情報の共有について意見交換を行いました。今後、地域内での試験的な実施に向けて検討を進めていきます。

本デモ・ミニレクは、「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」プロジェクトの一環として実施してました。

2017年8月8日、港区の複合公共施設「みなとパーク芝浦」にて、デザイン工学部デザイン工学科橋田研究室によるエスカレーターグラフィックスの実証実験を行いました。

実験を行った「みなとパーク芝浦」では、介護予防施設やスポーツ施設などが入った複合施設で、多様な利用者による賑わいが形成される反面、動き方の異なる高齢者や子どもがエスカレーターで接触するなどの課題もありました。また、ちょうど最近は、エスカレーター利用時のルールやマナーについて、ネット上などで話題になっており、2017年7月には、国土交通省から「エスカレーターの転落防止対策に関するガイドライン」も公表されました。

橋田研究室では、エスカレーターグラフィックスの特殊技術を持つ株式会社アサイマーキングシステムとの共同研究を行っており、港区芝浦港南地区総合支所のご協力を得て、実証実験を行いました。

実証実験では、エスカレーターのステップ(踏面)やライザー(蹴込み)、手すりなどにグラフィックや文字を表示することにより、利用者の意識や行動に変化があらわれるか、行動観察とアンケートによって把握を行います。グラフィックに関しても、利用者の心理に配慮したデザインなどの工夫を行っています。

 

グラフィックスがない状態

 

グラフィックスの一例

 

手すりにもグラフィックスが

 

このエスカレーターグラフィックスは、9月いっぱいまで「みなとパーク芝浦」(2階~3階エスカレーター)に表示してあります。お近くにお寄りの際は、是非ご覧下さい。

 

本実証実験は、「都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」の一環として実施されています。

2017年7月28日、大宮キャンパスにてシステム工学特別演習の最終報告会が開催され、
COCプロジェクト07, 08, 09, 15, 16を含む全14チームが約3ヵ月半の活動成果を発表した。
チーム数が多いため、各チーム12分間発表+4分間質疑応答という短い時間だったが、
課題に真剣に取り組んだチームの発表内容は、指導教員、課題提供者(自治体、企業)を
含む聴講者を感心させるものだった。
各COC PJの活動は、後期授業(産学・地域連携PBL)に継続されていくと思われるので、
プロトタイプの作成に向けて益々の検討・改善を期待したい。

写真は、学生達の発表の模様。
課題提供頂いた埼玉県から4名、さいたま市から4名、企業様から6名の出席を頂いた。

全14チームの課題テーマについては下記を参照下さい。
2017年度システム工学特別演習発表課題

COCプロジェクト07, 08, 09, 15, 16の発表内容については下記資料を参照下さい。
PJ07 古川先生PJ08 山崎先生PJ09 長谷川先生PJ15 間野先生PJ16 伊東先生

2017年7月22日、学生プロジェクト「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」による「防災遠足(プレイベント)」を行いました。

「防災遠足」は、「避難場所を知っていても実際に自分が避難できるか、適切な行動をとれるか自信が無い」という高齢者の声を受け、実際に避難場所まで歩きながら、自身の避難行動や防災マップを確認するものです。2016年度に第1回を行いました。2017年度は、企画段階から地域関係者の方々と連携し、運営委員会を組織しながら進めています。

今回の「プレイベント」では、は地域住民、高校生、医療・福祉関係者、まちづくりプランナー、学生など総勢46名が参加し、まちの危険箇所、魅力を確かめながら、東白鬚公園(避難場所)までまちあるきを行いました。さらに避難場所である東白鬚公園に着いてからは地元自治会、東京都公園協会の方々にご協力いただき、災害用トイレなどの防災設備を見学し、議論を深めました。




「防災遠足」の本番は、10月21日(土)開催(予備日10月28日(土))を予定しています。詳細はまたお知らせいたします。

–>すみだの‘巣’づくりプロジェクト(FaceBookページ)は、こちら

本イベントは、「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」プロジェクトの一環(社会貢献分野の拡充)として実施されています。

 

Top