実施報告

2017年8月8日、港区の複合公共施設「みなとパーク芝浦」にて、デザイン工学部デザイン工学科橋田研究室によるエスカレーターグラフィックスの実証実験を行いました。

実験を行った「みなとパーク芝浦」では、介護予防施設やスポーツ施設などが入った複合施設で、多様な利用者による賑わいが形成される反面、動き方の異なる高齢者や子どもがエスカレーターで接触するなどの課題もありました。また、ちょうど最近は、エスカレーター利用時のルールやマナーについて、ネット上などで話題になっており、2017年7月には、国土交通省から「エスカレーターの転落防止対策に関するガイドライン」も公表されました。

橋田研究室では、エスカレーターグラフィックスの特殊技術を持つ株式会社アサイマーキングシステムとの共同研究を行っており、港区芝浦港南地区総合支所のご協力を得て、実証実験を行いました。

実証実験では、エスカレーターのステップ(踏面)やライザー(蹴込み)、手すりなどにグラフィックや文字を表示することにより、利用者の意識や行動に変化があらわれるか、行動観察とアンケートによって把握を行います。グラフィックに関しても、利用者の心理に配慮したデザインなどの工夫を行っています。

 

グラフィックスがない状態

 

グラフィックスの一例

 

手すりにもグラフィックスが

 

このエスカレーターグラフィックスは、9月いっぱいまで「みなとパーク芝浦」(2階~3階エスカレーター)に表示してあります。お近くにお寄りの際は、是非ご覧下さい。

 

本実証実験は、「都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」の一環として実施されています。

2017年7月28日、大宮キャンパスにてシステム工学特別演習の最終報告会が開催され、
COCプロジェクト07, 08, 09, 15, 16を含む全14チームが約3ヵ月半の活動成果を発表した。
チーム数が多いため、各チーム12分間発表+4分間質疑応答という短い時間だったが、
課題に真剣に取り組んだチームの発表内容は、指導教員、課題提供者(自治体、企業)を
含む聴講者を感心させるものだった。
各COC PJの活動は、後期授業(産学・地域連携PBL)に継続されていくと思われるので、
プロトタイプの作成に向けて益々の検討・改善を期待したい。

写真は、学生達の発表の模様。
課題提供頂いた埼玉県から4名、さいたま市から4名、企業様から6名の出席を頂いた。

全14チームの課題テーマについては下記を参照下さい。
2017年度システム工学特別演習発表課題

COCプロジェクト07, 08, 09, 15, 16の発表内容については下記資料を参照下さい。
PJ07 古川先生PJ08 山崎先生PJ09 長谷川先生PJ15 間野先生PJ16 伊東先生

2017年7月22日、学生プロジェクト「すみだの‘巣’づくりプロジェクト」による「防災遠足(プレイベント)」を行いました。

「防災遠足」は、「避難場所を知っていても実際に自分が避難できるか、適切な行動をとれるか自信が無い」という高齢者の声を受け、実際に避難場所まで歩きながら、自身の避難行動や防災マップを確認するものです。2016年度に第1回を行いました。2017年度は、企画段階から地域関係者の方々と連携し、運営委員会を組織しながら進めています。

今回の「プレイベント」では、は地域住民、高校生、医療・福祉関係者、まちづくりプランナー、学生など総勢46名が参加し、まちの危険箇所、魅力を確かめながら、東白鬚公園(避難場所)までまちあるきを行いました。さらに避難場所である東白鬚公園に着いてからは地元自治会、東京都公園協会の方々にご協力いただき、災害用トイレなどの防災設備を見学し、議論を深めました。




「防災遠足」の本番は、10月21日(土)開催(予備日10月28日(土))を予定しています。詳細はまたお知らせいたします。

–>すみだの‘巣’づくりプロジェクト(FaceBookページ)は、こちら

本イベントは、「気候変動と地震災害に適応したレジリエントな地域環境システム」プロジェクトの一環(社会貢献分野の拡充)として実施されています。

 

2017年6月6日 『さいたま市のデザイン工学にもとづくものづくり、サービスの実際』というテーマで、
さいたま市の魅力、産業構造と施策、本学とのイノベーション協定への期待、市内企業が実現した
新技術例等を紹介する特別授業を、デザイン工学部1年生向け必修科目として実施頂いた。

具体的には、先ず、さいたま市職員から『さいたま市のイノベーション創出に向けた取組について』と
『さいたま医療ものづくり都市構想の取組について』をご紹介頂き、次に、市内企業である株式会社
タムロン様から『医療分野における地域企業の取組事例』をご紹介頂いた。そして最後に、市職員から
『さいたま市職員の仕事について』、市職員採用試験に関する興味ある話題を含めてご紹介頂いた。

市職員企業

※デザイン工学部は、広範な知識と総合的な視点が要求される1年生の必修科目の中に、地域志向
テーマを盛り込むことを2015年度から開始した。

 

2017年7月10日、豊洲キャンパスにて、デザイン工学部デザイン工学科建築・空間デザイン領域の国際交流ワークショップ「Tokyo Elderlies 東京のお年寄り」の成果発表会を行いました(担当:前田英寿教授、藤原紀沙助教)。

本ワークショップは、芝浦工業大学の学生12名とタイのモンクット王トンブリ工科(KMUTT)大学建築・デザイン学部の学生12名による合同で行われました。タイ・日本混成で4チームを結成し、8日間の集中日程で、日本の都市課題に対する解決策を探るものです。成果発表会には約40名が参加しました。

 

成果発表会全景

 

本年度は、「Tokyo Elderlies 東京のお年寄り」をテーマに、港区芝浦港南地区総合支所・高輪地区総合支所・高齢者支援課・住宅政策課の各所に、施設視察や成果発表会の参加などご協力をいただいて進められました。

東京の特に都心部では核家族化が進展しており、高齢者が独居状態となって引きこもってしまわぬようにする必要があります。一方、小学校低学年の子ども達は放課後から夜にかけての居場所がありません。高齢者と児童がふれあいながら、楽しんで時間を過ごせる様な施設は成熟した都心部でニーズが高くなっています。

 

混成チームによる提案発表

 

学生達は、現存する港区の施設を対象として、クッキング、ガーデニング、シェアリングスペースなど、多様な視点から、高齢者施設と児童館の融合した建築・空間のリノベーション提案を行いました。双方の文化の違いを意識しつつ、高齢者や弱者に対するケアという共通課題を通して協働を行う貴重な機会となりました。

 

連携自治体からのコメント

 

-->芝浦アーバンデザイン・スクール(ワークショップ記録)

本ワークショップは「芝浦アーバンデザイン・スクール」の一環として、スーパーグローバル大学創成支援事業・日本学生支援機構JASSO海外留学支援制度(協定受入)との連携で行われました。

平成29年6月30日(金)~7月2日(日)にかけて、豊洲運河船着場・遊歩道(芝浦工業大学横)にて、「夏の船カフェ2017」を行います。

「船カフェ」は、豊洲地域の自治会、NPO、企業などにより構成される「豊洲地区運河ルネサンス協議会(事務局、芝浦工業大学)」により実施される社会実験イベントです。

・通常では規制がある運河水域に船を泊めて活用する社会実験「船カフェ」
・学生が地域について学んだ知識をガイドとして社会に還元する「運河クルーズ」
・地域の商店会や自治会の皆さんと一緒に賑わいを創出する「キャナルカフェ」
等々…といった、多様な意味合いを持っています。

 

船カフェではキャビン内部でくつろぐことができます

 

今回の船カフェでは、クルーズに屋形船を利用するなど新たな試みを行いました。土・日各々で約300名の方がクルーズを楽しむなど、今年も大盛況でした。

 

今年のクルーズは屋形船、小さなお子様も安心して乗れます

校舎の方ではうちわづくりやロボットデモも併催



 

本イベントは「内部河川・運河の活用とコミュニティ形成」プロジェクトの一環として開催されました。

6月3日(土)、24日(土)に、「知生き人養成プロジェクト」で、桑田教授、前田教授による公開講座を行いました。

「知生き人養成プロジェクト」は、港区芝浦港南地区総合支所と、東京海洋大学及び芝浦工業大学の協働により、地域の方が、まちの魅力を発見し、その魅力を発信できる人材を育成するものです。

6月3日まちあるき編では、「芝浦のまちを知ろう!」をテーマに、桑田教授と地域の方が実際にまち歩きを行い、魅力的だと思う場所を発見し、写真を撮りました。


6月24日プレゼンテーション編では、「まち歩きで感じた芝浦の魅力を伝えよう」をテーマに、撮った写真を、地域の方一人一人の異なる角度・視点から発表し、前田教授から、芝浦港南地区の特徴や変遷をふまえてコメントを行いました。


受講者の皆さんは、運河沿いの魅力的な空間、雑魚場や旧協働会館などの歴史、石油やガスなどといった近代産業との関係、駅前再開発の進捗やちょっとした風景など、各々の視点から再発見していました。急速に変わりゆく芝浦港南地区ですが、古いものやまちの余白などの大切さも改めて認識される場となりました。


 

ーー>港区公式ホームページ/知生き人養成プロジェクト(6/3実施報告6/24実施報告
ーー>芝浦アーバンデザイン・スクール(公開講座2016

本講座は、「芝浦アーバンデザイン・スクール」プロジェクトの一環として実施しています。当初は大学独自に公開講座を行っていましたが、区の事業との協働により、持続的な活動に向けた一つのモデルになっています。

2017年6月10日~18日、深川東京モダン館にて、建築学科の設計演習・ゼミナール作品展を行っています。
6月17日(土) 14:00~16:00は、学生発表会・公開講評会も行われます。
是非お越し下さい!

【発表テーマ】
「河川・水辺と歴史資源を活用するコミュニティデザイン」(地域設計演習(3年))
「まちと暮らす小学校」(建築設計演習1(3年))

—>チラシ(PDF、250KB)はこちら

この取り組みは「内部運河・河川の活用」プロジェクトの一環として実施しています。

2017年6月3日、豊洲キャンパスにて、公開講座「2020年のおもてなし ~ボランティアと異文化交流~」が開催されました。

豊洲キャンパスが存在する江東区は、東京2020オリンピック・パラリンピックの会場が最も多い地域です。本公開講座は、2020年を目指して連続的に開講しているもので、今回が4年目となります(コーディネーター:建築学部建築学科志村秀明教授)。

今回は、オリンピック・パラリンピックを支えるボランティアに着目し、学んでいきます。

6月3日は、「スポーツボランティアの現場を聞こう!」をテーマに、実際にスポーツボランティアに従事されている方からお話を伺いました。約30名の方が受講しました。



また、会場ではロボットによるお出迎えやアンケートを行うなど、まちづくりとものづくりのコラボレーションの実験の場ともなりました。

6月10日は、「2002 FIFAワールドカップボランティアの経験から」をテーマに、ワールドカップボランティアの経験者を招きお話を伺います。また、異文化交流について、本学留学生から体験談を聞いて学びます。

—>公開講座のページはこちら

この取り組みは「内部運河・河川の活用」プロジェクトの一環として実施しています。また、開催に当たり「ロボット技術による見守り・健康支援スマートタウン構築」プロジェクトとのコラボレーションを行いました。

2017年5月30日、アーバンデザインセンターみその[UDCMi]で、みその都市デザインスタジオの最終発表会を行いました。

「みその都市デザインスタジオ」は、2015年度より、さいたま市の美園地区を対象として、都市デザインを行う実践的演習として開催されています。

今回は、「仮設的暫定的空間利用から紐解く次世代の新市街地デザイン」をテーマに、都市デザイン研究室(前田英寿教授)と構造デザイン研究室(横山太郎准教授)の学生14名が、土地区画整理区域の各所に時限付き木造建築を提案しました。

本演習では、大学の知見や技術、アイデアを生かしつつ、学生の人材育成や地域関係者のコミュニケーション側面といった、多面的な目的を持ちます。最終発表会では、行政や企業の方に参加していただき、活発な意見交換がなされました。

—>芝浦アーバンデザイン・スクールのウェブサイト(都市デザインスタジオまとめ)はこちら
—>アーバンデザインセンターみその[UDCMi]による実施報告はこちら(外部リンク)

この取り組みは「芝浦アーバンデザイン・スクール」プロジェクトの一環として実施しています。

Top