イベント情報

夏の船カフェ2018を東雲運河(通称:東電堀)で開催します。

豊洲の地元の町会、商店会、学校、企業等との連携で実施し、地域の皆様と共に楽しい船カフェにしたいと思います。ぜひ、皆様ご家族ご友人をお誘いあわせのうえ、ご参加ください。

実施日:
平成30年6月23日(土)11:00~16:00
平成30年6月24日(日)11:00~16:00  小雨決行予定
場所 :東雲運河(通称:東電堀) 東京都江東区豊洲5-1地先

 



船カフェは、水辺空間活用の社会実験として行うものです。また、運河クルーズでは、学生がクルーズガイドを行うと共に、今回はロボットによるガイドも組み合わせて「まちづくり」「ものづくり」の連携を図ります。

主催団体である豊洲地区運河ルネサンス協議会は、東京都の運河ルネサンス計画に位置づけられた地域団体であり、芝浦工業大学が事務局を担い、地域デザイン研究室(建築学科志村秀明教授)を中心として地域連携活動を展開しています。

実施内容
・船カフェ
・豊洲運河クルーズ
・キャナルカフェ
・お楽しみキッズイベント
・水陸両用バス”スカイダック”乗船

-->イベント詳細はこちらをご覧下さい(芝浦工業大学WEBサイト)

本イベントは「内部河川・運河の活用とコミュニティ形成」プロジェクトの一環として開催されます。

2018年6月9日~17日にかけて、深川東京モダン館にて、「芝浦工業大学建築学科 地域・建築設計演習 作品展・公開講評会」を行います。

日時:作品展 2018年6月9日(土)〜6月17日(日) 10:00〜18:00 入場無料 ※6月11日(月)は休館日
公開講評会 2018年6月16日(土) 14:00〜16:00 入場無料

場所:深川東京モダン館 2階多目的スペース(東京都江東区門前仲町1−19−15)



江東区(清澄・佐賀・福住)を対象地区とした建築学科の2つの設計演習の作品を展示します(地域設計演習:4点、建築設計演習1:3点)。また、公開講評会では、学生が発表を行い、教員と参加者の皆さまから講評をいただきます。是非お立ち寄り下さい。

■地域設計演習
課題:河川・水辺と歴史資源を活用するコミュニティ・デザイン
内容:隅田川や江東内部河川の水辺と歴史的資源を活用する提案
担当教員:志村秀明(建築学科)、田邊寛子(まちひとこと総合計画室)

■建築設計演習1
課題:まちと暮らす小学校
内容:地域環境とこれからの教育施設の双方から要求に対する設計
担当教員:郷田修身(建築学科)

主催:深川東京モダン館/芝浦工業大学建築学科
お問い合わせ:03-5639-1776(深川東京モダン館)

2018年3月19日、大宮キャンパスにて「第4回COC学生成果報告会~COC Activities; the Best Selections2017~」を開催いたしました。

2017年度のCOC全18プロジェクトの代表学生により、「ショットガンプレゼン」と「ポスターセッション」で、各々の活動を報告しました。

本報告会の定番となった「ショットガンプレゼン」は、短時間でプロジェクトの特徴をアピールすることで、来場者の方がポスターセッションに行きたくなるようなプレゼンテーション力が求められます。「ポスターセッション」では、来場者の多様な興味や質問に応じて臨機応変に対応を行えるコミュニケーション能力が求められます。報告会の場自体が学生の学ぶ場ともなっています。また、参加者による「いいね!シール」投票により、モチベーションを高めています。



ショットガンプレゼンの時間(本年度は3分間)、ポスターセッションの配置など、継続的に行いながら改良を行ってきました。従来から行っている「産学官連携研究交流会」との同時開催により、今までCOCと関わりのなかった方にも多数ご来場をいただきました。

今年度は、説明学生36名、ショットガンプレゼン・ポスターセッション来場者多数(来場者・学生・教員合わせて114名の方に投票頂きました)と、賑やかな報告会になりました。

 

2017年度COC学生成果報告会「いいね!シール」投票結果


金賞  まちづくりコラボレーション ~さいたまプロジェクト
銀賞  都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催/低炭素パーソナルモビリティ と移動情報ネットワークサー ビスの開発/システム思考を用いた地域 間連携型農業支援
銅賞  内部河川・運河の活用とコミュニティ強化/機械系ものづくり産業地域との連携による技術イノベー ション創出のための実践教育/地域課題解決思考を通じた土木技術アクティブラーニング/インバウンドビジネスを創出するグローバル・ローカリゼーション/学生のサポートを生かしたロコモ予防のためのシニア向け運動教室
敢闘賞 ロボット技術による見守り・健康支援等スマートタウン構築/木材業者との連携による居住環境の改善/芝浦アーバンデザイン・スクール/気候変動と地震災害に適応 したレジリエントな地域環境システム/ものづくり中小・大手メーカーとのマイクロテクスチュア技術教育/東京臨海地域における安心安全のまちづくりを推進するロードマップの作成/地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術/豊洲、大宮地区の車載センサを応用した交通安全対策活動/豊洲ユニバーサルデザイン探検隊
 


 

来場者の方からは、大学と社会の連携に関する期待やアドバイスのコメントをいただくと共に、参加学生にとっても他のプロジェクト活動を知ることができ、学内外の交流が広がる場となりました。

 

3月19日(月)に芝浦工業大学・大宮校舎に於いて、『2018春のADAM発表会』を開催致します。
今年度は、本学の『ロボット・自動車共進化コンソーシアム (注1)』で研究中の自動運転シニアカーのデモ等が予定されています。会費無料。
皆様のご参加をお待ちしております。
下記URLから参加登録 ( 2017年度産学官連携研究交流会) をお願い致します。
 http://www.shibaura-it.ac.jp/event/2017/80170017.html

【開催日時】
・2018年3月19日(月)13:00~17:00講演・ポスター発表(17:10から懇親会)

【開催場所】
・芝浦工業大学・大宮キャンパス5号館

【開催概要】
■講演:13:00~15:00 (5号館2階 5251教室)
①「(仮)自動運転を含めた今後の動向と方針」 トヨタ自動車株式会社様                     ②「大学COC事業 5年間の活動成果まとめ」 芝浦工業大学 特任教授 古川修

■発表:15:00~17:00(5号館3階 5351教室)
・心電を用いたVRシステムの感性評価の研究
・心電による運転者の覚醒度検出
・脳波解析による運転者の覚醒度検出
・ドライビングシミュレータを用いた運転者特性の研究
・カメラによる障害物認識
・音波を用いた自転車の接近検知手法の検討
・月・惑星探査ローバの走行に関する研究(デモあり)
・二輪車転倒防止システム(デモあり)
・ライダーによる障害物検出(デモあり)
・自動運転シニアカー(デモあり)→40テーマを担当教員と学生がポスター発表

■公開:15:00~17:00 ドライビングシミュレータ試乗 (伊東研究室:5号館3階 5361実験室)

■懇親会: 17:10~19:00 (生協食堂、無料)



 

 

 

 

 

 

 

『2018春のADAM発表会』ちらし

(注1)『ロボット・自動車共進化コンソーシアム 』概要

以上、ご参加をお待ちしております。

2017年度より新設された「環境システム応用演習A/B」(環境システム学科、3年後期)は、建築・都市・環境と社会科学が一体となった学科独自の教育・研究内容を関連付け、実践的、体験的に学修する演習科目で、日本全国の各地区(2017年度は9地区)を対象に、3年前期までに修得した手法を総合的に援用して、調査・分析から企画提案、建築設計を行います。

環境システム学科が属するシステム理工学部に共通するシステム思考を具体の地域で展開するものです。また、グループワークの過程においてもネット上で資料や議論を共有するなどといった手法に挑戦しています。

対象地域は約90名の履修者が受講しています。指導に当たっても、環境システム学科の全教員および豊富な実務経験を持つ非常勤講師が関わります。さらに、関連する自治体や商店会など各地域の地元の皆さまにも、ヒアリングや講評などで連携・協力をいただいています。


2017年11月20日に行われた中間発表会を経て、2018年1月22日に発表・講評会を行い、履修学生、TA以外に、教員13名、学外関係者10名が参加しました。あいにくの大雪で発表時間を短縮せざるを得ませんでしたが、その分、密実な発表と質疑応答、コメントが交わされました。

芝浦工業大学橋田研究室の学生とデザイナー6人の協同による「都市の防災と土のう展」を開催します。

日時:2018年1月15日(月)~1月19日(金)09:00〜17:00
場所:みなとパーク芝浦 1階

これは、芝浦港南地区総合支所が「防災とボランティア週間」に併せて開催する防災展と連携して実施するものです。

今年は災害全般のアイデアを学生が、土のう展についてはデザイナーが取り組みました。
学生とデザイナーとはワークショップを行い互いに刺激を受けながら進めました。

お近くに来られた際には是非ご覧いただきたくお願い申しあげます。

本展示は 「都心の災害を考えるワークショップ実施と展覧会の開催」プロジェクトの一環として実施しています。

2017年3~5月にかけて、さいたま市およびアーバンデザインセンターみその[UDCMi]との連携により実施された都市デザイン演習「都市デザインスタジオ2017[春]」での提案が、実作品となります。

今回実作品となる提案は、木造(竹)のユニットで歩行空間に新たな魅力を創出することを目的としたものです。「仮設的暫定的空間利用から紐解く次世代の新市街地デザイン」をテーマに、都市デザイン研究室(建築学科/デザイン工学科前田英寿教授)と構造デザイン研究室(デザイン工学科横山太郎准教授)により提案されました。

都市デザインスタジオでの提案の様子

■スケジュール
10月28日(土) 浦和美園まつり&花火大会にてお披露目
10月29日(日)~3日(金) 「美園マチなかロビー」にて活用
11月4日(土)~ 浦和美園イベントプロムナード(歩行者専用道路)にて長期運用検証

–>詳細はこちらをご覧下さい(外部リンク、UDCMi報道発表)

 

「都市デザインスタジオ」は「芝浦アーバンデザイン・スクール」の一環として開催されています。

================================================
ベイエリアロボティクスフォーラム
ベイエリアおもてなしロボット研究会 オータムセミナー2017
================================================

豊洲、お台場を中心とするベイエリア地区では、2013年度より「ベイエリアおもてなしロボット研究会」として、ロボティクスの連携研究活動を実施しています。

本研究会では地域の課題解決を目標にし、互いに連携を取りながら、オリンピックも視野に入れ、ロボットの研究開発および新規市場の創出に向けて取り組んでいます。

この度、5年目を迎えるにあたりこれまでの活動を振り返りながら、サービスロボットによるソリューション提案や普及活動、多様なロボットからなるロボットネットワークのアーキテクチャ、サービスの標準化を中心に、2017年度、オータム・セミナー2017を企画いたしました。

今回は、芝浦工業大学先進モビリティコンソーシアムADAM2017秋の発表会と合同開催となっております。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

◆日時:11月6日(月)、10:30~17:00
◆場所:芝浦工業大学 芝浦キャンパス8階801教室
(JR山手線「田町駅」芝浦口から徒歩3分)

◆プログラム
  • 10:30~10:45
    「コミュニティサービスロボットの進展とモビリティとの連携」
    松日楽 信人(芝浦工業大学 工学部機械機能工学科教授)
  • 10:45~11:45
    「「いいかげんなロボット」の大きな可能性 — ジャコメッティロボティクスとソフトロボティクス —」
    鈴森 康一(東京工業大学 工学院機械系教授)
  • 13:00~15:00
    ①「自動運転に向けての法的課題とその対応について」
    中山 幸二(明治大学 法科大学院 専任教授)
    ②「『クラウド × ロボット×ヒト』が創るワクワクする未来~ロボットビジネス創出に向けた取り組み~」
    宮下 敬宏(知能ロボティクス研究所ネットワークロボット研究室 室長
    社会実装プロジェクト プロジェクトリーダー
    株式会社国際電気通信基礎技術研究所)
  • 15:00~16:30
    ①「多種多様なロボットが活躍するネットワークアーキテクチャ」
    松日楽 信人(芝浦工業大学 工学部機械機能工学科教授)
    ②「ロボットネットワークサービスのアーキテクチャ」
    成田 雅彦(産業技術大学院大学 産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻教授)
    ③「企業からの事例紹介」(日立有坂様、東芝山本様、富士ソフト上竹様ほか)
  • 17:00~ 意見交換会、ホワイエ、会費制:2,000円
 

お申し込みはこちら>>>

 

【主 催】芝浦工業大学ロボティクスコンソーシアム、ベイエリアおもてなしロボット研究会

【お問い合わせ先】
芝浦工業大学複合領域産学官民連携推進本部 研究推進室 研究企画課
〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5 Tel:03-5859-7180

「木材業者との連携による居住環境の改善」プロジェクト(建築学部建築学科 南一誠教授)では標記シンポジウムを開催します。是非お越しください。

【開催概要】

開催日時 10月14日(土曜日)午後1時30分〜午後5時00分
会  場 芝浦工業大学豊洲キャンパス 教室棟303教室(東京都江東区豊洲3-7-5)

プログラム:
■ 基調講演Ⅰ 剣持勇の世界
■ 基調講演Ⅱ インフィルの世界
■ 対談 インテリアデザインとインフィル

ーー>プログラム詳細はこちら(PDF115kB)

 

芝浦工業大学COC事業( 地(知)の拠点整備事業)の取り組みを一挙にご紹介、ディスカッションする全体イベント「芝浦工業大学地域共創シンポジウム~大学とまちづくり・ものづくり2017」を、下記の日程・場所で開催いたします!

日時:平成29年10月31日(火) 13:00~17:00(開場12:30)
場所:芝浦工業大学芝浦キャンパス(東京都港区芝浦3-9-14)

最終年度の5年目となる本年度は、これらの地域連携の取り組みを振り返ると共に、今後も持続的な地域連携を進めていくための具体的な方策について、地域の皆さまと一緒に考えたいと思います。是非お越し下さい!!

詳細なプログラム等が確定したらまたお知らせいたします。
<<お申し込みはこちらから>>

 

–>地域共創シンポジウムチラシ PDF 2.6MB (印刷用高解像度版はこちら PDF 6MB)

–>2016年度地域共創シンポジウム実施報告

–>2015年度地域共創シンポジウム実施報告

Top