システム工学特別演習で連携自治体様等からの課題を解決

2022年7月22日システム工学特別演習の最終報告会で、連携自治体様等から
頂戴した課題に対して、各班で4か月間取組んだ解決策を発表しました。

『課題提供をして頂いたことに対するお礼と、学生たちのプロジェクトに
対する様々なご支援ありがとうございました。』システム工学特別演習の
とりまとめを担当された、システム理工学部 長谷川教授より。
—————————————————————————–
【システム工学特別演習】
システム工学特別演習は,システム理工学専攻の5つの部門(電子情報,機械制御,社会・環境,生命科学,数理科学)の学生が混成でプロジェクトチームを構成し,企業や自治体から頂いた課題に対するシステム企画を提案するものです.

【2022年度システム工学特別演習のスケジュール】(R4 年 4 月 15 日~R4 年 7 月 22 日)
01.4/15, Explain of exercise process, Team-Forming, and Confirmation of the theme
02.4/22, Requirement analysis and definition (Objective and present status)
03.5/06, Fieldwork activities for needs finding, and redefinition of objective
04.5/13, Requirement analysis and definition for needs and technologies
05.5/20, Goal setting, budget planning and preparation of 1st Design Review (DR)
06.5/27, 1st DR for system planning and budget planning
07.6/03, Feedback of DR’s result: redefinition of requirement for problem & its objective, and redesign of budget planning and design for evaluation planning
08.6/10, 1st trial activities in accordance with the planned schedule
09.6/17, 1st trial activities and preparation of 2nd DR
10.6/24, 2nd DR for project activities
11.7/01, Feedback of DR’s result and design for prototyping with the planned schedule
12.7/08, Prototyping with the planned schedule, and evaluation
13. 7/15, Prototyping and system planning document. Preparation of the final presentation materials
14. 7/22, Final presentation

【課題提供元、提供課題】
4班
課題提供元:さいたま市 都市局都市計画部自転車まちづくり推進課様
提供課題:さいたま市シェアサイクル普及事業実証実験の状況と今後の展開について

5班
課題提供元:さいたま市 スポーツ文化局 スポーツ部 スポーツ政策室様
提供課題:「さいたまスポーツシューレ」の活用によるスポーツビジネス・スポーツ産業の創出・活性化

6班
課題提供元:埼玉県 企画財政部 計画調整課様、県民生活部 スポーツ振興課様
提供課題:スポーツしたくなる広報

24班
課題提供元:一般社団法人さいしんコラボ産学官様
提供課題:学生が、大企業の開放特許を活用して、中小企業の製品化アイデアを創出する

公開日 2022年9月26日                    以上

Top