Project1 メディア掲載情報

2020年8月、伊東教授のブランディング研究状況がWEBメディア「HERO X」に掲載されました。

記者からの取材を受けて、
【モビリティが本当に必要なのは誰? パーソナライズ化の鍵は汎用性にある】のタイトルで、
下記内容が紹介されています。

・モビリティで移動はさらに便利になる
・「未来の移動」が変わろうとしている理由
・ラストワンマイル問題の解決策は見つかるのか?
・本当に自動運転を求めているのは誰なのか?
・ラストワンマイルにこそ人間らしさがある

掲載された記事は、下記URLをご参照ください。

http://hero-x.jp/article/9503/

自動運転シニアカーの自動走行実験



 

 

 

 

 

 

 

 

芝浦工業大学では、2018年度文部科学省市立大学研究ブランディング事業の採択を受けて、
「アーバン・エコ・モビリティ研究拠点の形成」事業をスタート。都市を拠点とする同大学の強みを
生かしながら、[都市の「交流」「物流」「環境」をエンジニアリング技術・人材により支える]という
組織的なテーマを設けて研究を進めています。

 

 

 

 

 

【芝浦工業大学ニュース】おもてなしロボットのデモ実施

~道案内からビッグデータの収集・活用まで~

芝浦工業大学の松日楽信人教授は、プラットフォームロボットとして開発した“おもてなしロボット”「コンシェルジュ」を使ったデモンストレーションを東京都立産業技術研究センター、首都大学東京、産業技術大学院大学と連携して行いました。
今回行ったのは、5台のロボットがそれぞれ会場内にて来場者にアンケートを実施、その結果をサーバーに送信して即座に集計データの表示を行うというものです。

forum150226_110サーバーとロボットが通信して遠隔操作もできるようになっており、これを応用すれば、さまざまな用途への適用が可能となります。

たとえば、街中でこのロボットが複数台回遊して、連携し合いながら道案内や受付・店舗案内・写真撮影サービスなどで来街者の“おもてなし”を行うほか、今回実施したようなアンケート以外にも、イベント会場などを監視し、エリア別の混雑具合や人の流れなどをリアルタイムに把握し集中管理できるなど、ビッグデータを収集・分析・活用しながら地域に貢献するためのロボットとして活躍することが期待されます。

2020年に国内外から多くの観光客を見込む東京ベイエリア地区の街中で実証を行うことを目指し、またその後も地域に根付くロボットサービスを提供するため、アプリケーションの開発など改良を重ねていきます。

掲載記事はこちら

Yahoo!ニュース
芝浦工大、おもてなしロボット「コンシェルジュ」のデモを実施

Top