その他の地域連携 受賞情報

2019年2月21日、さいたま市・人材高度化タスクフォース成果発表会にて電子情報システム学科(指導教員:高橋先生)4年の田渕雅陽君が、株式会社ワイヱス工業所様との共同研究の成果を発表しました。



共同研究テーマ:画像認識技術を利用した検品アシストシステムの研究を通じた人材育成プロジェクト
株式会社ワイヱス工業所様担当者:中山升太様
タスクフォース成果発表会チラシ:タスクフォース発表会チラシ

その後、田渕君は(社)電子情報通信学会 東京支部学生会研究発表会において東京支部学生奨励賞を受賞しました。詳細は芝浦工業大学ニュースをご参照下さい。

以上

2018年12月7日、彩の国さいたま芸術劇場映像ホールにて、中小企業のための「知財を活用した商品アイデア
創出事業」アイデア発表会in埼玉が行われました。

これは、学生達が大手企業等の開放特許を活用した商品アイデアを創出し、それを実施する企業を募集して、
特許を持つ企業や連携支援機関等と協力して商品化を目指す事を目的として毎年開催されている企画です。
主催:一般社団法人さいしんコラボ産学官、共催:埼玉信用金庫、後援:埼玉県、信金中央金庫、
日刊工業新聞社さいたま総局

今回、本学からシステム理工学部・機械制御システム学科・長谷川研究室から4年生の2チームが参加し、
全体で6大学11チームが発表を行いました。本学2チームのチーム名、発表テーマ員は下記のとおりで、
活用した開放特許は富士通殿の「非接触バイタルセンシング」です。

■チームS/ 睡眠に対する不満を解消”すっきりお目覚め支援枕”の商品化
■バレコン/ 晩婚化・未婚化を少しでも解消!街コンでの出会いを支援するシステム

チームS表彰式



 

チームSの発表



バレコンの発表



いづれも本学の特徴を生かした素晴らしい発表でしたが、チームSが発表した提案が優秀賞を受賞し、賞状と
副賞が授与されました。また、12月15日に開催される地域大会に、他の2チーム(いずれも埼玉大学)と共に
出場することになりました。地域大会での健闘にも期待します。

表彰された3チーム



発表会の詳細はチラシをご参照下さい。プログラム                     以上

2018年11月18日、生涯学習総合センター多目的ホール(シーノ大宮センタープラザ10階)
にて「第8回 学生政策提案フォーラムinさいたま」が行われました。
これは、さいたま市と「大学コンソーシアムさいたま※」加盟大学の学生が、さいたま市の
政策・事業について企画検討・提案することにより、地域社会への愛着と関心を深め、
ひいてはさいたま市の発展に寄与することを目的に、毎年開催しているものです。

※大学コンソーシアムさいたま:さいたま市及び近隣12大学の間で、各大学が持つ多彩な
魅力や豊富なシーズを相互に活用して共に高めるとともに、連携して活力ある
地域社会の形成と発展に寄与することを目的としてH23年10月に設立されました。

今回は、本学も3年ぶりに3チームが参加し、全体で5大学10チームが発表を行いました。

本学3チームのチーム名、発表テーマ、代表者、指導教員は下記のとおりです。

■健康増進授業/ 大学を拠点とした健康増進授業の取り組み
~健康で、笑顔のあふれるまちづくりのために、大学ができること~
システム理工学部4年・長浜君/ 体育健康科目・石崎先生、環境システム学科・磐田先生

■Shibaphony/ 健康スポーツライフ「さいたまスタイル」
システム理工学部2年・伊藤君/ 環境システム学科・作山先生

■ふらスポ芝浦/ ふらっとスポーツ
~誰でも参加できるユニバーサルスポーツで働く世代からさいたまを元気に~
システム理工学部3年・下原君/ 環境システム学科・作山先生

フォーラム全体風景



健康増進授業チーム・長浜君プレゼン



いづれも本学の特徴を生かした素晴らしい発表でしたが、健康増進授業チームが発表した
提案が優秀賞を受賞し、さいたま市清水市長から賞状・トロフィが授与されました。
なお、本学としては今回が初めての受賞となります。

清水市長から賞状授与(健康増進授業チーム)



本学参加学生と指導教員
(最前列は清水市長と審査員)



 

 

 

 

 

 

 

3チームの提案概要等は下記資料をご参照ください。

3チームの提案概要
イベント紹介ちらし
発表グループ一覧

さいたま市のweb siteにフォーラム開催結果が掲載されましたので追記します。

http://www.city.saitama.jp/006/007/002/012/002/003/p062457.html

以上

Top