21世紀社会を羽ばたく力

変化の速い21世紀という時代

私達が暮らす社会は常に変化しています。人々の暮らしは、その生きている時代の技術に大きく左右されてきました。多量の知識の複製を可能とした印刷技術の発達、それまでの手工業から大きく生産体系を変革させた産業革命、今やそれなくては過ごせない電灯など、工業技術の発達が社会の在り方さえも大きく変革してきました。そして、現代社会は人類が今まで経験したことのない速さで変化しています。21世紀の幕開けは、インターネットの普及に加え、携帯電話、スマートフォン等の個人通信機器の普及で始まりました。わずか10年の間に、日本の人口の95%以上の人が一人一台の携帯端末を保持するに至っています。つまり、ほとんどの人がいつでもインターネットを通じて情報を得たり、発信したりすることが可能な社会となったわけです。世界の片隅で起きた出来事を、ほんの数分の間に世界中に伝えることが可能な社会、それが現代です。

グローバル化、多様性、
技術の融合がキーワード

現代社会は、工学技術の発展が人々の生活の中に深く浸透し、社会の動向に直接影響を与え、よりよい社会の発展を促す核であると同時に、従来は地域の課題であったものを全世界へと広げる原動力ともなっています。遠くアフリカ大陸の感染病の情報が数日で全世界に伝わる、アラブのごく狭い地域の紛争がインターネットを通して国を揺るがす民衆の運動となる、ヨーロッパ地域の通貨不安が全世界経済へ影響を与えるなど、21 世紀社会はグローバル化、異なる文化、国の多様性というキーワードのもと、最先端の工学技術によってその発展が支えられています。 最も身近にある携帯端末を例にとっても、小型軽量化のための材料工学、省電力化のための電子工学、電気工学、処理高速化、高機能化のための情報工学、通信工学から、携帯端末そのものの使いやすさのためのデザイン工学の技術がつぎ込まれ、また最先端の医療工学でえ も携帯端末上のアプリケーションソフトに生かされています。このように、手の平に収まる小さな機器は、さまざまな現代工学技術が融合した結晶と言えるものです。遠く小惑星から帰還したはやぶさ1号を例にあげるまでもなく、世界最先端の科学を支える工学技術は同時、 私達が生きている社会を支える基盤技術であり、互いに結びつき、融合、共生することで、思いもかけない発展、進化をとげます。そして今、地球レベルで課題となっている、環境問題や資源や食糧の枯渇問題、高齢化社会への対応など、持続可能な社会へ向けての取り組みへは、こうした大きな枠組みでの科学技術の発展が不可欠なものとなっています。

人に寄り添う技術を求めて

芝浦工業大学には、現在多く女性教員が在籍し、他分野の技術と融合しながらそれぞれの専門分野での研究に取り組んでいます。巻頭では、3 名の教員をクローズアップし、マイクロ・ナノ分野の研究で医療に貢献する研究、信頼性の高いソフトウェア技術の研究、エモーショナルデザインによる心地よさの研究について紹介しています。また、後半ではすべての女性教員が現在取り組んでいる研究について、「私達が生きる社会をどのように支え、問題を解決し、新たな発展を目指しているか」という観点から紹介いたします。

MESSAGE

芝浦工業大学 学長 村上 雅人

芝浦工業大学 学長 村上 雅人

工業大学は、男臭くて、汚くて、危険な場所というイメージがあるようです。そんなことはありません。女性研究者がいきいきと輝いて仕事のできる場所なのです。そして、理工学では、女性ならではの発想が、新しい技術開発や、大きな進展につながることも多いのです。日本がいままで築いてきた科学技術立国としての世界的地位を維持するためには、女性研究者の活躍が必須です。

この冊子では、芝浦工業大学で研究している女性教員の皆さんを紹介しています。どうですか。どなたも、楽しそうでしょう。それは、夢にチャレンジしているからなのです。これからの日本を救うのは女性です。 そして、男女共同参画こそが、新しい理工学の未来を拓くのです。

男女共同参画推進室長 國井 秀子

男女共同参画推進室長 國井 秀子

今世界は大きく変化しています。地球温暖化、人口変動、情報通信技術の進化、ビジネスのグローバル化など多くの変化のなかで、課題を解決し、新たな社会的価値を創り出すイノベーションが求められています。

細分化した学問分野を見直し、地球視点で問題を捉え直し、異なる多くの学問分野の人々が一緒に問題解決を図る必要があります。

さて、日本は男女格差が世界でも極端に大きい国ですが、今後は、女性の活躍が大いに期待されています。

それは、単なる労働力でなく、多様性のある、より発展した社会の構築のためです。これまで女性に閉ざされがちであったテクノロジーの分野で、とりわけ女性の活躍が重要です。幅広い分野に女性が進出し、多様な新たな視点と異分野との深い連携によって、イノベーションは加速されます。これからの女性のキャリアは、従来とは異なる新たな世界が広がっています。

この冊子は、本学の女性教員の幅広い研究を問題解決の視点でまとめました。どんな課題をどう取組んでいるのか、それをご紹介することによって本学の女性教員の研究と教育をご理解頂ければと思います。また、未来の女性研究者・技術者には、将来どのようなキャリアが開けてくるかを想像していただけば幸甚です。

ページトップへ戻る