APコース 先進的プロジェクトデザインコース

APコース = Advanced Project Design Course
先進的プロジェクトデザインコース

コースの特徴

『災害復興、地域再生、エネルギー・環境問題などに取り組む先進的なプロジェクトを通して、グローバルな視点から建築・都市・空間をデザインする』

カリキュラムの特徴

  1.  設計演習では、コースの規模を生かした少人数制指導で設計技術を確実に身につけます。また「空間情報デザイン演習」では、3Dモデリングツールを利用した最先端の空間表現技術を学びます。
  2. 「建築スタジオ演習」、「プロジェクト研究」などに加え、イタリア、フランス、韓国、ロシアの協定大学との建築実習を独自科目として開講します。設計技術に加えて、社会の諸問題を解決するための国際的な知見を身につけます。
  3. 「国内プロジェクト」、「国際プロジェクト」などのプロジェクト科目では、災害復興、地域再生、古民家再生、エネルギー・環境問題といった現代的な建築テーマを切り口として学ぶことで、問題発見・解決能力を養います。

4年間の流れ(AP)