Studio

▲掘削着手時の現場現況

前回は、杭基礎施工を紹介しました。それに続き下記の3点について施工を行いました。

1.掘削
2.基準コンクリート打設
3.耐圧盤打設

掘削(9月2日~9月10日)
掘削着手時の現場状況です。地下躯体を構築するために2台の重機で現状地面より深さ約1.51mまで掘削しました。

基準コンクリート打設(9月12日)
掘削終了後に掘削面を転圧し、締固めます。
%e5%9b%b32
▲掘削面転圧

転圧後に、基準コンクリートを打設しました。基準コンクリートの厚みは50mm程度で、建物の位置や深さ、高さを設計図通りに造る為の基準として、設けるものです。
%e5%9b%b33
▲基準コンクリート打設状況

耐圧盤打設(9月17日)
基準コンクリート打設後に耐圧盤を構築しました。
本建物での耐圧盤は、地中にある雨水貯留槽や雑排水槽、汚泥槽の床荷重を支える役割で、鉄筋コンクリート造で構築しています。今回、耐圧盤の厚さは約250mmです。
%e5%9b%b34
▲配筋検査状況
%e5%9b%b35
▲耐圧盤コンクリート打設状況